コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > NANO(ナノ)コインとは:ゼロチャージで日々の支払いを容易に >

NANO(ナノ)コインとは:ゼロチャージで日々の支払いを容易に

2021-12-06 09:16:51

概要

仮想通貨Nano(ナノ)は、ビットコインに似ていますが、より速く、より柔軟で、より手頃な価格で取引ができます。Nanoは、人々が日常の買い物に使えるコインを提供することで、法定通貨に取って代わられることを目指しています。

What is nano-coin
Nanoコインとは?

ナノコインの原型である「RaiBlocks」は、2014年12月にColin LaMahieu氏によって発表されました。これは、当初数少ないDAG(Directed Acyclic Graph)ベースの暗号通貨の一つでした。しかし、RaiBlockという名前がプロジェクトの意図するターゲット層に響かなかったため、2018年にNanoにブランド名を変更しました。

NanoとBTCの比較

NanoはBitcoinに似ていますが、より速く、より柔軟で、より手頃な価格で取引を行うことができます。Nanoは、人々が日常生活の中で日常的な購入に使用できるコインを提供することで、法定通貨を置き換えることを目的とした暗号通貨です。ビットコインとは異なり、Nanoはネットワークの安全性を確保するためにPoW(Proof-of-Work)に頼らず、ORV(Open Representative Voting)と呼ばれる独自のコンセンサスメカニズムを使用しています。

$ 100ウェルカムボーナス

Nanoの仕組みは?

Nanoは、ユーザーが自分のブロックチェーンをコントロールできるデータ構造である「Block Lattice」を利用しています。これにより、ネットワーク上でブロックを矛盾なく追加し、確認のために送信することができます。これらのブロックは、アカウントに関するすべての情報を含むように構成されています。各ブロックには、ユーザーが生成した小さなPoW値が含まれており、ネットワークが瞬時に一貫して取引を処理できるようになっています。

Nanoのプラットフォームは、代表者と投票システムを含むORVコンセンサスメカニズムを使用してトランザクションを検証します。Nanoネットワーク上の各アカウントは、いつでも代表者を選び、自分に代わって投票することができます。代表者のアカウントはすべてオンラインのノードに設定され、取引の有効性を確認するために投票します。代表アカウントに委任したアカウントの残高の合計が多ければ多いほど、主代表になる可能性は高くなります。これらの投票はNanoノード内で共有・集計され、そのノードが十分な票を獲得すると、ブロックが確定されます。

Nanoのメリット

手数料無料と高いTPSレート

ビットコインの手数料の高さを考えると、取引にかかる手数料が0であるNanoは、日常的な取引を行う上ではるかに優れた選択肢であるといえます。取引に手数料がかからないのは一時的なものではなく、プラットフォームはプロトコルレベルで手数料0という仕様を盛り込んでいます。加えて、Nanoネットワークでは、取引の確認にかかる時間が約0.14秒と非常に高速です。

低エネルギー消費

Nanoのプラットフォームは、独自のアルゴリズムを開発し、マシンパワーやPoWではなく、投票システムに頼った取引の検証を行っています。

直感的なUI

Natriumは、Nanoエコシステムの公式ウォレットです。ユーザーは、iOSやAndroidのプレイストアからダウンロードして、Nanoコインをシームレスに取引することができます。このウォレットには、初心者にも使いやすい機能が搭載されています。

完全な分散化

ネットワークは、Nanoコインの総供給量を公平に分配することで、分散化を実現しています。プラットフォームの代表者のリストを見ると、1つのグループが50%以上の投票権を持っていないことが明らかで、これはNanoの投票システムが操作できないことを証明しています。

設定できるレバレッジは最大100倍
開発者に優しい

Nanoはエコシステムの構築に向けて開発環境をオープンソース化しており、世界中の開発人材を惹きつけています。オープンで自由に使えるだけでなく、その開発インフラと軽量なプロトコルも開発者にとって魅力的です。

Nanoのデメリット

スマートコントラクトに対応していない

Nanoの最大のデメリットは、スマートコントラクトに対応していないことです。また、すぐに実装する予定もないとのことで、これはdAppsを作ろうとしているイノベーターや開発者にとっては最大の難点です。

PRとマーケティングの欠如

2つ目の欠点は、マーケティングがほとんど行われていないことです。チームは、愛好家の方々のみにNanoの情報を伝えています。そのため、7年前にリリースされたにもかかわらず、Nanoの普及率は非常に低くなっています。

プライバシーへの懸念

Nanoコインにはプライバシーが組み込まれていません。Nanoのような暗号通貨は、低い手数料と高いTPSを備えているため、簡単に送金することができますが、このような取引に関しては、より多くのプライバシーを提供する必要があります。

手数料0

最後のまとめ言葉

暗号通貨の大量導入を実現するためには、プロジェクトは0に近い手数料を維持しながら、スケーラビリティを確保する必要があります。Bitcoinネットワークの手数料の高さと取引時間の遅さは、BTCが未だに支払いに使われる通貨として普及していない理由の一つです。一方、Nanoは、手数料ゼロで迅速な取引を可能としているため、競争で優位に立っています。しかし、ビットコインほど普及率が高くないのが現状です。したがって、人気が高まり、Nanoチームが適切なマーケティングを行えば、”人々の通貨 “になる可能性を秘めています。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します