Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1412
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

Govcoinとは?国家の力を取り戻すために

Govcoinは、CBDC(Central Bank Digital Currency)とも呼ばれ、連邦政府の中央銀行が発行・裏付けするデジタル通貨です。ATM以来の画期的な金融技術として期待されていますが、一般にはあまり知られていません。

govcoin-

Govcoinとは?

政府が発行するデジタル通貨で、ユーロや人民元などの既存の通貨と連動しています。Govcoinという言葉は、特定のコインを示すラベルではなく、多くの異なる国や地域のデジタル通貨の概念を示す総称です。Govcoinは、より早く、より安く、より安全な決済システムを実現するために開発されています。Govcoinは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような人気の高い分散型暗号通貨に似ている点があります。しかし、分散化を根拠とする暗号通貨とは異なり、Govcoinは中央集権的であり、国によって規制されています。

Govcoinのメリットは何なのか?

また、Govcoinは一般的な暗号通貨のような変動性がほとんどないため、リスクが少ないのが特徴です。政府や中央銀行が独自のデジタル通貨を作った理由の1つは、現金の急速な衰退と、分散型暗号通貨の導入の増加に、多くの人が課題を感じているからです。特に各国政府は、Visa、Mastercard、Facebookなどの老舗企業が暗号空間に参入することを懸念しています。特に、匿名の取引方法は、違法行為を助長し、金融システムを弱体化させる可能性があると懸念されています。

A sculpture of the Euro

ユーロの彫刻  ドイツ・フランクフルトの欧州中央銀行本店前に置かれたユーロの彫刻(出典:NBC News)

Govcoinの機能とは?

Govcoinは、ビットコイン(BTC)が最初に導入したブロックチェーン技術を採用し、それをガバナンスの目的で使用することで、世界の銀行システムの運用コスト(1口座あたり年間約350ドル)を削減します。この新しい決済方法を通じて、政府はすべての支払い、さらには個人の全取引履歴を監視することで、コントロールを取り戻すことができます。これにより、現在、商業銀行に資金を供給することを主な任務としている国や中央銀行に権限が戻り、それらの銀行を通じて個人的な取引が行われることになります。個人のお金は、破綻する可能性のある銀行ではなく、国が直接保証することになります。この新しいシステムは、脱税やマネーロンダリングなどの金融犯罪を軽減するためにも使われます。

中央銀行は、グローバルな銀行コストを削減することで、Govcoinは現在ほとんどの国が運営している銀行システムよりも包括的な銀行システムを構築できると主張しています。これにより、現在世界で銀行口座を持たない17億人の人々が、この種の取引サービスに平等にアクセスできるようになります。クレジットカードとは異なり、Govcoinは取引手数料がかからず、手頃な価格で融資やその他の金融特典を受けることができます。完全なキャッシュレス化が進めば、政府は紙幣を印刷したり保管したりする必要がなくなり、廃棄物の削減や環境への配慮につながります。さらに、デジタル通貨のみを使用することで、より衛生的になります。これは、現在のコビット・19パンデミックで注目されているメリットです。

Govcoinのユーザーは、Apple PayやPayPalに似たアプリを使って、デジタルウォレットにお金を保管することができます。そのため、ユーザーは商業銀行の銀行口座を必要としません。すべての取引は中央銀行を経由して行われるため、銀行の手続きは簡単で便利になり、国境を越えた取引にも適用されます。将来的には、Govcoinは世界共通の通貨を目指すこともできます。通貨が切り下げられている国の住民は、自国の通貨ではなく、米ドルのような安定した価値のある通貨を選ぶかもしれません。

また、Govcoinを利用することで、政府は金融政策を変えることができるようになります。現在の金利などの手段とは対照的に、電子マネーは中央銀行にシステミックリスクや通貨供給量をより正確にコントロールすることを可能にし、経済行動を「ナッジ」することを可能にします。最近、中国で行われた実験では、電子マネーに有効期限が設定され、直接的な支出を促すことができました。

どの国の政府がGovcoinを推進しているのか?

中央銀行の中の中央銀行と呼ばれる国際決済銀行が行った調査によると、Govcoinプロジェクトは90%近くの中央銀行に支持されており、その割合は着実に増加しています。

中国

2021年初頭に暗号を厳しく取り締まった中国は、Govcoinの導入に関しては、紛れもないリーダーです。この国は、すでにライブトライアルを開始している唯一の主要経済国であり、すでに50万人以上が少量のe-yuanを受け取っています。トライアル参加者は、アプリをダウンロードしてQRコードを提示することで、特定の店舗でこのデジタル資金を利用することができます。中国の野心には、米ドルの力を弱めるという政治的な理由もあります。

バマス、カンボジア、EU

世界のほとんどの中央銀行は、少なくとも独自のデジタル通貨の発行を検討していますが、新興市場は発展途上市場や先進国よりも研究が進んでいることが多いです。バハマ(2019年末にサンドダラーを立ち上げている)やカンボジア(2020年にバコンを立ち上げている)は、先駆的な国のひとつです。しかし、米国も欧州5大経済圏(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)も、かなりの進歩を遂げていません。

ヨーロッパの中で最も研究が進んでいるのはスウェーデンです。スウェーデンでは、早ければ2023年初頭にeKronaの普及を開始する予定です。欧州連合(EU)はその2年後に「eユーロ」を導入する予定です。エルサルバドル、パラグアイ、パナマなど、他の国は逆にビットコインを支払い手段として広く受け入れています。

Govcoinの将来性は?

Govcoinは革新的なアイデアのように見えますが、ほとんどの先進国ではごく予備的な研究しか行われていません。すべてのテスト段階が成功したとしても、この新しい取引方法がほとんどの先進国で現実のものとなるまでには、まだ多くの時間が必要です。多くの人が、米ドル、ユーロ、英ポンドなど、現在の安定した最も価値のある通貨の価値と力が失われることを懸念しています。

イングランド銀行によると、英国でGovcoinを導入した後も、CBDCは “現金や銀行預金を置き換えるのではなく、それらと一緒に存在する “としています。同時に、他の多くの国でも、いずれ完全なキャッシュレス化が進む可能性があります。

$ 100ウェルカムボーナス

Govcoinに対する懸念は何なのか?

Govcoinが導入されると、金融システムや市民に対する膨大な権限が国に戻され、金融がこれまで以上に中央集権的になります。また、多くの専門家は、データのプライバシーについて大きな懸念を抱いています。なぜなら、すべてのユーザーのすべての金融履歴が国に知られてしまうからです。疑わしい口座は瞬時に閉鎖される可能性があり、犯罪行為を軽減することができますが、個人の限界を超えることにもなります。

金融システムの中央集権化

商業銀行が懸念しているのは、前述のように、Govcoinがその存在を大きく脅かす可能性があるからです。多くの人が、商業銀行のサービスではなく、中央銀行の安価で安全なサービスを利用することになるかもしれません。銀行の預金が減ると、金融システムが大きく変わります。例えば、リテール銀行は、住宅ローンや経済に投資するための資金を調達できなくなります。最終的には、銀行が資金不足に陥り、信用供与が官僚の影響に委ねられる可能性もあります。最悪のシナリオでは、銀行の暴走が起こり、リテールバンクの崩壊につながる可能性もあります。

Govcoinが暗号市場への影響

また、特に暗号投資家の間では、Govcoinが暗号市場に与える影響が懸念されています。一方では、この新しいデジタル決済方法によって、多くの人が低リスクで高速な、政府が監視するデジタル通貨を使うようになり、暗号市場に大きな打撃を与える可能性があります。一方で、データのプライバシーや強力な中央集権に関する懸念から、非中央集権的な暗号通貨を好むようになるかもしれません。暗号通貨の結果がポジティブなものになるか、ネガティブなものになるか、あるいはニュートラルなものになるかは、中国が最近暗号通貨を禁止したことなど、政府の規制に大きく左右されます。いずれにしても、Govcoinの普及に対して最も脆弱な暗号通貨は、Tether(USDT)やXRPなどの安定したコインなど、デジタル決済分野のみで運営されている暗号通貨でしょう。全体的に見て、暗号市場が投資機会としての全体的な価値を失うことはないだろう。

手数料0

結論

Govcoinは、高速、安価、低リスクの取引サービスを提供するために設計されています。その導入は、現在、銀行口座を持てない無数の人々を受け入れることを意味します。

しかし、国の通貨を開発するために政府が始めたプロジェクトの多くは、まだあまり進んでいません。特に中国をはじめとする多くの途上国は、先進国であるはずの欧米諸国よりも進んでいます。この進歩のなさは、ドルやユーロといった現在最も安定した価値のある通貨が価値と力を失い、それが中国やe-yuanのような国々に移っていくことを懸念させます。

さらに、多くの人が、データのプライバシーや、国家に有利な不均衡なパワーシフトを懸念しています。こうした懸念から、各国政府は中央銀行への不信感を回避し、さらに多くの人々が匿名性の高い暗号通貨に移行するのを防ぐために、プライバシー法を制定・拡大する可能性があります。いずれにしても、デジタル通貨はその能力を最大限に発揮して発展していくでしょう。シカゴ大学ブース・ビジネススクールのランダル・クロズナー教授は、「デジタル通貨革命は、分散化と市場原理の勝利か、中央化と政府の監視の勝利か、2つの方向に進む可能性がある」と述べています。