ビットコインvs イーサリウム:革新的な将来の通過

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram

ビットコイン(BTC)とイーサリウム(ETH)は仮想通貨の二大巨塔として世界で広く知られています。この二つの仮想通貨は交換ベースの非中央集権型ミディアムのブロックチェーンのテクノロジーを使用しているものの、実際には大きく異なります。

ビットコインは実際の通貨に釣ることを目的としており、かつ公式に認証されているデジタル通貨になります。ETHは逆にお金にマイクロチップが付いたもののようなもので、匿名のコミュニティ内でも自動で取引することができ、かつ申請もできるというプログラムされたお金のようなものになります。

ビットコインとイーサリウムはオンライン上に存在していますが、ビットコイン(BTC)はビットコインネットワークコイン、そしてイーサリウムは(ETH)ネットワークトークンと言われます。ここではそれぞれBTCとETCと書きます。

btc-vs-eth

BTCETHの基本的な違いとは??

  • 供給の限度

供給の限度:BTCは基本的に2100万コインを固定供給しているのに対し、ETHは1億700万コインを限度なしで供給可能です。これはBTCが貨幣として運営されていることが理由です。もし供給に限度がない場合、コインが発行されればされるほど一つのコインの価値は下がってしまいます。

逆に、ETHはプログラム可能な貨幣なので、安定化を目標としているわけではありません。しかし、ユーザーや企業に対し独自のテクノロジーを作ってもらうことで、価値や有用性を上げることを目的としています。もちろん、これはBTCの価値が上がらないというわけではありません。逆に、BTCの有用性が企業や個人のP2Pでの支払いによって上昇し、かつこれらの需要が高まっている点から見るとBTCの価値は上がっていると考えられます。

  • 容認性

容認性:BTCはETHよりも多くの場所で利用することができます。BTCはアメリカでは中小企業の36%で使用することができます。同様に、マイクロソフトやウイキペディアと言った大企業での使用も可能になります。逆にETHはより身近な場所で使用することができます。

しかし、これら二つの仮想通貨は互いに大きく異なる機能を持っているため、これらの差が互いの価値を高めているわけではありません。

  • 世界的な機能

世界的な機能:ビジネスプレイスにおける容認性に加え、BTCは法定貨幣としての使用も開始され、エルサルバドルでは世界初法定貨幣としてBTCが導入されました。BTC使用や価値は世界的に証明されると考えられています。しかし、実際に提供しているのは別の機能であり、それは例えば自動交換などである。このスマートコントラクトにより二つのパーティが家を買うことや、タクシーのレンタルといった契約ができるようになります。ETHは仲介人をなくすだけではなく、待ち時間やコストを減らし、かつ交換を自動化、撤回不可、透明性を高めることでセキュリティを強化しています。これら二つの仮想通貨は世界では各々のフィールドで莫大な有用性を保持しており、両方とも非中央集権型で強い影響力とパワーを持っており、人々の重要な資産の一部となっています。

  • 技術面

技術面:ETHとBTCはそれぞれ異なるブロックチェーンテクノロジーを使用しています。ETHはEthashと呼ばれる独自のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)マイニングハッシングアルゴリズムを使用しています。Ethashとは

中央集権型を避けるためにASICレジデントとしてデザインされています。ETCはセキュアハッシュ256(SHA-256)を基盤とするPoWアルゴリズムを使用しており、デジタル上の情報セキュリティ管理のためアメリカ国立セキュリティ期間(NSA)によって設計されています。両方とも高いセキュリテイと非中央集権型という大きな共通点がありますが、仮想通貨の機能についてはそれぞれ異なるメリットがあると言えます。これらの技術面での違いは規模とブロックタイムの違いにも大きく影響しています。BTCは取引に数分かかりますが、ETHはものの数秒でできます。ETHはPoWからプルーフ・オブ・ステイク(PoS)システムへの変更中であり、今後もBTCよりも多くの技術上の優位性が出てくると考えられています。

  • 環境的な影響

・環境的な影響:仮想通貨が顧客間で、環境面、社会的、政治的な面(ESG)に対するポジティブな影響が認知されるようになった今、投資プラットフォームをBTCとETHが支配するようになってきました。大規模プレーヤーはESGファクターに基づき投資ファンドを選別し始めています。仮想通貨において、イーロン・マスクの脱炭素化の動きはビットコイン会議2021でも話題を独占していました。これは中小企業が脱炭素化、持続可能な社会プランに向けて共同し始め、より多くのESG企業が投資を行い、高い価値をもつコインへの集中投資がすぐに起きることを意味しています。現在、BTCとETHは両方とも炭素を多く輩出するPoWマイニングを使用しています。BTCは環境問題への取り組みに対する強い意向を示してします。その一方、ETHは非常に少ない二酸化炭素排出量を誇っています。その上、PoWシステムからPoSシステムのへの移行プランはESGバリューへの順応を意味します。PoSシステムはマイニングへのニーズを除去し、100パーセント近くエネルギーコストを削減します。多くの分析においては、この流れは持続的にETHの需要が過去のBTCの需要を凌駕すると考えられています

最近の動向がBTCETCに与える影響

ビットコインはイーロン・マスクのESGバリューに関するコメントや、中国のデジタル貨幣への取り組みに関する政策の公言によって大きな話題となりました。同時に、エルサルバドルにおいてビットコインを国の公式貨幣として認めるというニュースにより、ビットコインの注目はさらに高まりました。エルサルバドルは大国と比較し、世界的に強力な影響力を持っているわけではないですが、現在人口の約70%が銀行口座を持っておらず、コインへの大幅な移行の姿勢が見られます。もしBTCの供給の1パーセントがエルサルバドルの住民にもたらされた場合、国のGDPは25パーセント上昇すると言われています。この経済の高まりは確実に他国にも影響を及ぼすと考えられます。

ビットコインでの大きな変化が仮想通貨に影響するほど、イーサリウムはイーロン・マスク氏のコメントの影響を受けます。しかし、イーサリウムにおける技術の優位性は近年急激に上昇しています。今年4月、ヨーロッパ世界銀行(ELB)は27のヨーロッパ協定諸国に対し、2年間で12億ドルものイーサリウムブロックチェーンへの投資を実行しました。仮にEIBへの批准が不十分な場合、ゴールドマンサックスのようなパートナー大企業も大きな影響を受けるとされています。

このイーサリウムの技術は業界内でも金融大企業から非常に高い信頼を受けています。銀行もインターバンク内における中央銀行のデジタル通貨に関する他の使用方法の査定に関する新しいプランを作成しています。したがって、イーサリウムの世界的な信頼は非常に高まっていると言えます。

しかし、中国では国内での仮想通貨マイニングへの移行が高まっています。今年5月、財政安定と二酸化炭素排出量の削減の動きが高まるにつれて、中国政府は世界のマイニング企業において大きな割合を占める中国のマイニング企業に対し電力カットを行いました。この結果、BTCの価値は30パーセント現象し、全体で1兆円の損失を記録しました。しかし、この出来事により、多くの中小企業が電力の安いテキサスやカザフスタンへ移動するきっかけとなり、再スタートすることとなりました。逆にポジティブな面としては、この出来事がBTCの非中央集権性を高めたことが挙げられます。ネガティブな面としてはマイニングへの再利用可能エネルギーの割合が減ったことが挙げられます。

BTC vs ETH:どちらが投資に適している?

記事執筆当時、BTCはコインごとに41,000ドルの価値があり、時価総額は約8.000億ドルほどでした。これに対し、ETHはトークンあたり、2,600ドルほどで、時価総額は3.000ドルほどでした。ETHはBTCに対して遅れをとっている状況ですが、サステイナビリティや成長過程に関しては誰も予想がつきません。しかし、下のチャートが示しているように、仮想通貨は以前よりも上昇傾向にあり、今後も上昇していくと見られます。

Bitcoin price from January to June 2021ビットコイン(BTC)の2021年1月から6月までの価格変動(資料元:CoinMarketCap)

Ethereum price from January to June 2021イーサリウム(ETH)の2021年1月から6月までの価格変動(資料元:CoinMarketCap)

環境問題に懐疑的な政府機関も多く見られる中、新しい世代の消費者は環境問題に対する意識が高い傾向にあり、中国などの大規模グローバルプレーヤー等もこれに含まれます。仮にESGのバリューに共感していない場合、このような動きに関連するイベントはBTCやETHの価値を脅かす可能性があります。ETHはBTCよりも進んだ動きを見せていますが、まだまだ改良段階にあります。

仮想通貨はイーロン・マスク氏や中国のニュースが発表された後回復をたどっていますが、これは新しくかつ根幹の技術に関して普遍的な変動であることを示しています。現実的に、爆発的に技術が進歩するにはもう少し時間がかかります。

基本的な需要と供給の原則に従うと、BTCは2,100万コイン供給を限度とすることで価値を高く保っています。これはおそらく継続的にETHを上回ります。しかし、ETHはトークンの供給に限度がなく、ネットワーク上で使用されているスマートコントラクト内でトークンを供給しています。これはBTCにおいて供給よりも需要が高いことを意味し、ETHトークンに関しては未だ上昇することができ、BTCを凌駕する可能性があるということを意味します。

しかし、時価総額に関していうと、ETHのエコフレンドリーな将来に対する順応性やプランは非常に強力です。BTCよりコインの価値は低いものの、多くのアナリストETHがBTCの時価総額を越すと予想しています。

まとめると、BTCとETHは成長過程にあり、ETHはエコフレンドリーな点が成長や価値の高まりの大きな要因となっており、BTCはより多くの国々が国の公式通貨として認定すれば、将来の支払い方法の一つとして認められるようになると考えらえています。今後も、仮想通貨ビジネスの改革に注目です!


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free