コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > テクニカル分析 > エリオット波動理論:エリオット波動指標の使い方 >

エリオット波動理論:エリオット波動指標の使い方

2021-05-18 10:58:36

what is elliott wave?

金融市場で取引を行う際には、現在のトレンドや市場の出来事を大まかに把握しておくことが非常に有効です。テクニカルアナリストは、ローソク足チャートのパターンに基づいて新しい理論を適用し、資産価格の方向性を予測しています。

エリオット波動の原理とは?

1935年、株式市場の史上最安値を見事に予言して注目を集めたエリオット波動の原理に基づく理論があります。エリオット波動の原理は、市場の投資家の心理を利用して金融市場のサイクルを分析するためのもので、「集団心理」や「群集心理」とも呼ばれています。エリオット波動は、最も複雑なテクニカル分析ツールの一つです。

アメリカの会計士ラルフネルソンエリオットは、1930年代に「エリオット波動理論」を提唱しました。健康上の理由で早期退職を余儀なくされたエリオットは、空いた時間を利用して75年分の様々な株式市場のチャートやパターンを研究・分析した。その結果、プライスアクションはランダムに起こるのではなく、本質的なパターンに従っていることを発見しました。

また、同じパターンが繰り返し生成されることを観察し、1935年の市場の底を正しく予測することができました。その後、エリオット波動理論は、業界で最も有名なテクニカル分析ツールの一つとなり、世界中のポートフォリオマネージャー、トレーダー、個人投資家に利用されています。

エリオットは、著書『波動の原理』とそれに続く一連の記事の中で、この波動パターンを支配する具体的なルールとその見分け方を述べています。エリオットは、市場がランダムでカオス的な動きをしていても、市場価格は特定の繰り返しパターンで進化すると提唱しました。

エリオット波動理論とは?

彼はこのようなパターンをエリオット波動、あるいは単に波と呼日ました。この理論によると、波のパターンは、直線的に展開するか、上下に展開するかのどちらかです。価格は衝動的な局面と代替的な局面の間で変動し、暗号通貨取引を含むすべての金融市場で同じサイクルを繰り返し形成します。観察される波は同一で、反復しており、動機波と修正波を交互に繰り返す5つの波のセットに細分化されます。

衝動的なエリオット波動

顕著なトレンドと同じ方向に進む波をインパルス波と呼びます。1つのパターンには必ず5つの波があります。修正波は、主要なトレンドの方向とは逆に移動します。それぞれの波は、同じ衝動波と修正波のフラクタル波のパターンに沿った、入れ子になったより広範な波のセットを持っています。

エリオット波動チャートの各波にはそれぞれ特徴があり、典型的にはその動きの背後にある心理を反映しています。エリオットは、資産価格の変動は投資家の心理を反映していると考えました。

エリオット波動チャートの読み方

エリオット波動理論は、ダウ理論とは似て非なるもので、同じく市場価格が波状に変動することを認識しています。しかし、エリオットは、市場のフラクタル性を指摘し、より詳細な分析を可能にしました。

フラクタルとは、数学の分野では、縮小しながら無限に繰り返される構造のことです。エリオットは株価指数を研究しているうちにこのような構造に気づき、このパターンを使って市場の動きを予測する方法を考えました。

エリオットは、最大のグランド・スーパー・サイクルから最小のサブ・ミヌエットまで、9段階の波動を用いて理論を構成しました。波動はフラクタルなので、理論的にはエリオットが挙げた9つの度合以外にも度合があります。

エリオット波動のチャートでは、一般的に5つの波が主要なトレンドの方向に動くことが観察されます。これらの波はいわゆるインパルス波を構成し、続く3つの波はトレンドに逆らって修正波を形成します。この基本的な5-3のパターンは、どの程度までも一貫していますが、それぞれのスパンは異なる場合があります。

5ウェイブムーブメント

常にトレンドの方向に進む波を動機波a motive waveと呼び、伝統的にはトレンドの方向への5波の動きが1つ上になったものと定義されています。しかし、アナリストの中には、動機波は必ずしも5本セットである必要はなく、今日では動機波は3波の連続で展開することさえあると考えている人もいます。

動機系列とは、延長を期待するかどうかを教えてくれる一連のスイングと定義することができます。もし、スイングの回数がモチベーション・シーケンスと同じであれば、トレンドの延長が到来する可能性があります。

basic five eilliott wave idealized pattern(引用: fxstreet.com)

上のチャートでは、第1波、第3波、第5波が上昇トレンドを辿っています。これらは規模の小さいインパルス波であり、第2波と第4波はそれぞれ第1波と第3波の修正波です。

このような交互のパターンは、様々な時間枠で観察されます。下のチャートのように、短い時間軸で完成した5つの波は、より長い時間軸で展開される、より広範なチャートの第1波である可能性があります。

high degree elliott wave(引用: fxstreet.com)

エリオット波動理論を理解することはそれほど難しくありませんが、この理論を金融市場に適用して取引利益を最大化することは簡単なことではありません。波の形が必ずしも完璧ではないため、波を識別してラベルを貼るのは面倒ですし、確実に検出するには練習と経験が必要です。

原則として、第2波は第1波のスタート地点を超えてリトレースすることはありません。つまり、第2波が終了した後の価格は、第1波が始まった時の価格よりも低くなることはないということです。

さらに、3つのインパルス波のうち、第3波が最も短くなることはありません。通常は(必ずしもそうではありませんが)一連の流れの中で最も長く、常に波1のピークを越えて終了します。第4波は第1波の価格領域と重なることはないため、ダイアゴナル・トライアングル形成の場合を除き、第3波を完全にリトレースすることはできません。

エリオット波動サイクル

上記のルールに基づき、以下の形成はエリオット波動理論に準拠していないため、エリオット波動サイクルに含まれない動きであることを示すシグナルとして認識されやすくなります。

elliott wave cycle(引用: fxstreet.com)

しかし、これらのパターンは、エリオット波動サイクルが成立しているかどうかを示すものではありません。このような場合、アナリストはチャートパターンの他の指標に注目します。例えば、第3波が最も長い場合、第5波と第1波はほぼ同じになります。もし、第5波が第3波を超えないと、切り捨てが起こります。

また、第3波は非常に鋭く、長く、伸びる傾向があります。波動2が急激な調整で発生した場合、波動4はフラットになり、その逆もまた然りです。また、5波インパルスの後のa-b-cの修正は、通常、第4波の安値の前に終了することに注意することが重要です。

エリオット波動理論の正確性は?

エリオット波動の原理は、1970年代にA.J.フロストとロバート・プレクターが、今では有名なタイトルとなった「エリオット波動の原理」を発表してから、その人気が一気に高まりました。この本は、1980年代の強気の相場を予測し、プレクターは「エリオット波動の法則」を発表しました。この本は1980年代の強気の相場を予測し、プレクターは1987年の大暴落の数日前に売り推奨を出していました。

現在、エリオット波動インターナショナルは、世界最大級の独立系金融分析会社であり、その市場予測ツールの多くはエリオット波動の原理に基づいています。しかし、エリオットは、観察されたパターンは、潜在的な市場の動きを確実にするものではなく、最良の機会を見極めるためには、他のテクニカル分析指標と組み合わせて使用する方が良いことを明確にしてていました。

エリオット波動とフィボナッチリトレースメント

また、トレーダーはエリオット波動の構造を異なった方法で解釈し、市場の不確実性を高めています。また、エリオットは、波動の価格目標がフィボナッチ・リトレースメント・レベルときれいに一致していることに気づき、トレーダーは波動のサイクルと様々なフィボナッチ比率の関係を確認しています。

エリオット波動オシレーター

長年にわたり、アナリストたちはエリオット波動の原理にヒントを得て、エリオット波動オシレーターをはじめとする数多くの指標を開発してきました。エリオット波動オシレーターは、2本の移動平均線の差に基づいて、潜在的な値動きを予測するコンピュータモデルを提供します。エリオット波動インターナショナルが開発した人工知能システム「EWAVES」は、エリオット波動理論の標準的なルールに基づいて機能し、自動的に分析結果を生成します。

2019年の分析では、ビットコインの価格は2020年末までに27,000ドルにタッチすると予測されていました。2020年12月31日、BTCの終値は29,000ドル近くになりました。こうした分析は、デイトレーダーだけでなく、機関投資家やデリバティブ市場に手を出しているトレーダーにも有効です。あるトレーダーは、CNBCのインタビューで、エリオット波動理論を分析の中心に据えて、ビットコインが年末までに74,000ドルに達する可能性さえあると予測しました。

暗号市場におけるエリオット波動のサーフィン

ほとんどのテクニカル分析ツールと同様に、エリオット波動理論を暗号通貨市場で使用するには、特にその価格の動きがいかに不規則で不安定であるかというニュアンスがあります。ほとんどの場合、第1波の開始点が理想的なエントリーポイントとなります。しかし、特に市場が急激に下落したり、長い整理期間があったりした後では、このポイントを特定するのは難しいでしょう。むしろ、第2波または第4波のボトムでエントリーする方がはるかに簡単で、第3波と第5波のトップは避けるようにしましょう。

エグジットについては、通常、c波の終わりが理想的な選択です。繰り返しになりますが、サイクルの最後の波は通常、最初の5波パターンの100%をリトレースすることができるため、これに気づくのは非常に困難です。ここでの一般的なアドバイスは、最後の修正波によって作られたトレンドラインの外に出る連結期間を待つことです。

elliott wave in the crypto markets(引用: tradingview.com)

ビットコインが誕生してからの10年間、アナリストたちはビットコインの市場パフォーマンスを注意深く観察し、今後の動きのヒントを探してきました。報告書によると、ビットコインはずっとエリオット波動サイクルのパターンに従っているとのことです。ビットコインの価格は、発売から1年足らずで0ドルから32ドルへと急騰し、第2波の最初の大幅な売り時には、アーリーアダプターが多額の利益を手にしました。

第2波以降、ビットコインはエリオット波動の原理を忠実に守っており、第2波はわずか38.2%でリトレースされ、第3波は第1波とほぼ同等で終了しました。第5波は第3波の約70%で終了し、第3波が5つの波の中で最も短くなることはないというルールを確固たるものにしています。

トレーディングの世界では、市場のセンチメントを予測する上で投資家に優位性を与える最も有用な手段の一つであるにもかかわらず、これらの動きで観察されるフラクタル構造は、市場が完全に予測可能であることを意味するものではないことを理解することが重要です。

結論

エリオット波動の原理は、価格の動きを予測するのではなく、価格が異なるサイクルフェーズのどこに位置するかに基づいて、より多くの情報に基づいた購入決定を行うためのツールとして、はるかに価値があります。どのような金融市場においても、資産の売買にはリスクが伴いますので、お金を使う前には必ず自分自身で調査をしてください。

とはいえ、エリオット波動理論は時の試練を経た分析方法です。エリオット波動理論は、市場参加者の潜在的な集合心理を深く掘り下げて、投資の将来を予測する洞察力を引き出すものであり、これは非常に過小評価されている視点です。暗号通貨市場は、他のどの金融市場よりもセンチメントに左右されます。市場の変動の可能性を明確に、確率的に把握することは、ナイフで戦うときに銃を持っていくようなものです。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します