Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1412
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

Web 3.0: 未来の分散型インターネット

今日まで、世界中の何十億もの人々にインターネットが提供している利便性と価値に勝るイノベーションはほとんどありません。

初期のインターネットは、静的なHTMLページと、一方的な情報発信で、テキストの電子壁に似たインターネットリレーチャットで表されていました。 今日、私たちは革新的ななソーシャルメディアウェブサイトと、世界に劇的な変化をもたらしたインタラクティブなアプリケーションを使用しています。

web 3.0Web 2.0 vs. Web 3.0

現在のバージョンであるインターネット(Web 2.0)は、世界人口の半分以上が使用していますが、多国籍企業による中央集権管理、徹底的な監視、および搾取的な広告の対象となっています。

Web 3.0は、このテクノロジーの次世代であり、オープンかつ管理者が存在しない、自由参加型ネットワークというティムバーナーズ氏が当初描いたビジョンを叶えるでしょう。 新しいWeb3.0の基礎を理解するために、インターネットの歴史を簡単に見てみましょう。

インターネットの発展: 手短な説明

Web 1.0

当初、Web 1.0は、情報を共有するためにだけのプライベートネットワークにすぎませんでした。 この頃のユーザーは、接続またはオンラインになるために許可を求める必要さえありました。 しかし、World Wide Webの発明者であるバーナーズ・リーは、インターネットの可能性を最大限に引き出すには、誰でもアクセスできるプラットフォームを創ることが最善であることにすぐ気が付きました。

Web 2.0

これにより、Web2.0へと移り変わっていきました。 NetscapeやAltaVistaなどの創造的で協調的な発展により、ユーザーが複数のサイトへアクセス出来るようになりました。以前のWebサイトはHTMLなどによって構成され、Webページを閲覧するだけの一方的な情報発信(受信)でしたが、誰でもコンテンツの配信が可能となり、Webで双方向に情報がやり取りできるようになりました。 これにより、速度、サーバー、開発者のスキルが向上するにつれて、今日、私たちが慣れ親しんでいるソーシャルメディアやビデオゲームストリーミングサイトなどの新しいタイプのオンラインアプリケーションが誕生しました。

しかし、Web 2.0の驚異的な進歩にもかかわらず、機械学習と人工知能の助けを借りて情報をユーザーに配信する「セマンティックWeb」というバーナーズ=リーのビジョンはまだ実現されていません。Web 3.0は、中央集権化された多国籍企業がデータを所有しないインターネットという次世代の仕組みです。 代わりに、すべてのユーザーが過去の検索結果に基づいてパーソナライズされた情報へ公平かつ平等なアクセスができるのです。

 

Web 3.0の要素

Web 3.0への動きは、機械によってパーソナライズされたデータがあるインターネット環境への大きな革新となりました。 これは、個人情報が個々のユーザーによって管理される、中央集権型から分散型への動きでもあります。 ブロックチェーン、IoT、エッジコンピューティング、人工知能、機械学習などのテクノロジーはすべて、この動きを促進するための要素です。

 

人工知能と 機械学習

人工知能(AI)は、賢明で自主的な意思決定が可能なコンピュータープログラムの作成を目指すコンピューターサイエンスの一分野です。 すでに、現在の機械学習基準とAIは強力であり、難しいタスクを処理できることが証明されています。機械がユーザーの求めるサービスをより認識する為にAIは一役担っています。

Web3.0環境で発展する可能性を秘めているインテリジェントシステムの誕生が大きな進歩となりました。例として、以前の検索、提案、および全体的な閲覧履歴に基づいてユーザーの好みに合わせてカスタマイズされた検索結果が挙げられます。 さらにAIのおかげで、文脈に基づいてキーワードを区別できるセマンティック検索エンジンが可能となりました。 たとえば、「ジャガー」という言葉が、自動車のブランドを意味する場合や、反対に動物を意味する場合のように区別できるのです。

インテリジェントな検索結果に加えて、AIは、インターネットアプリケーションがデバイスに依存しないようにします。つまり、様々な種類のハードウェアデバイスやソフトウェアで使うことができるということです。 さまざまなサーバーがAIと通信し、最もユーザーフレンドリーで実用性の高いアプリケーションを決めるのです。したがって、ユーザーは使用しているデバイスや居る場所に応じて、カスタマイズされたアプリケーションを楽しむことができるのです。

 

分散ストレージテクノロジー

ブロックチェーンやその他の分散型台帳テクノロジーの台頭により、分散型でオープン、そして管理者が存在しないWeb3.0のフレームワークが可能になります。 たとえば、個人情報は、ユーザー個人によって分散管理されます。従来のデータセンターがIoTとエッジコンピューティング(データがローカルに保存されるコンピューティング手法)に取って代わられるようになると、検閲、監視、および集権化はなくなります。

分散型テクノロジーについて詳しく知りたいですか?なら次を読んでみて

DAppとは何ですか

データストレージが安くなるにつれて、電話、アプライアンス、コンピューターの形でIoTを介して相互接続されたデバイスの検索リソースを維持するのには費用がかかります。中央集権化されたアプリケーションにデータ料を払う代わりに、ユーザーは所有権を失うことなくP2P形式でデータを交換や販売することが可能となり、したがって新たなデータ経済が誕生するのです。

 

Web 3.0の課題

真にインテリジェントでセマンティックに対応したインターネットを終了するには、システムがすべての単語を一つ一つ読み取って理解する必要があります。 さらに、すべての言語を悩ませている曖昧あさと矛盾を克服する必要があります。 これは、現在最も優れたAIでさえ、難題のように思えます。 さらに、意図的に誤解を招くような誤った情報やデータがたくさんあります。 システムには、これらの課題の解決策が必要です。 私たち自身が、何が基本的な事実を構成しているかさえ分からないことを考えると、何が事実で何がそうでないかを機械に学ばせることは、特に難しいでしょう。

Web 3.0がもたらす未来とは

AI主導のサービス、分散型データ構造、およびエッジコンピューティング構造は、Web3.0の基盤となります。 ブロックチェーン技術、機械学習、IoTの出現により、世界は第三者を介さずとも自由にデータを共有できるインターネット環境へ移り変わる体制が整っています。 時の流れとともに、Web3.0は自由なインターネット環境をもたらすでしょう。ユーザーは、パーソナライズされた情報を得るだけでなく、プライバシーも取り戻すことが可能となります。 これは、現在広く使用されている利益を重視した中央集権型インターネットの仕組みから私たちユーザーを遠ざける可能性があります。 今後は多くの課題があり、大きな発展にはかなりの時間を要するかもしれませんが、世界中の専門家がこの目標に向けて取り組んでいるということは、未来への希望です。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free