Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1412
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

IEO v.s ICO: 違いは何ですか?

 

テクノロジーの世界ではよくあることですが、仮想通貨の分野にも略語や専門用語、スラングが溢れています。過去には、スポット取引対先物を含むいくつかの専門用語と一緒に、そのようなFud and FOMOなどのいくつかの俗語を見てきました。これから、我々はしばしば暗号空間の周りに打ち合いされる2つの主要な略語を見ていきたいと思います:ICOとIEOです。

ieo-vs-ico

ICOとは何ですか?

ICOとは、イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)のことで、クラウドファンディングに匹敵する概念です。一般的には、企業やプロジェクトが新しいコインのアイデアを詳細に説明した白書を公開します。投資家はプロジェクトに資金を提供し、コインの作成とそれを運営するために必要なインフラストラクチャを提供します。この投資と引き換えに、投資家にはプロジェクトへの貢献度に応じた数のトークンが与えられます。プロジェクトが成功すれば、ビットコインのように、投資家は大金持ちになる可能性が高いです。もし成功しなければ、投資家は初期投資を失うことになります。これが、新しい暗号通貨やプロジェクトが誕生する最も一般的な方法です。この業界の非常に不安定で初期の性質を考えると、成功も失敗も同じ程度の可能性があります。ICOを見る際には、プロジェクトの背後にいるチーム、彼らの動機、背景、使用されている技術、そして最終的な目標を調べることが不可欠です。

IEOとは何ですか?

IEOとは、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(Initial Exchange Offering)のことです。これらの2つの大きな違いは、オファーがどこで行われるかということです。IEOはやはりクラウドファンディングに似ています。これは、コインやトークンと引き換えに、新しいコインやトークンにお金を投資してもらおうというものです。しかし、IEOでは、これらは特定の取引所を通じてのみ配布され、その取引所のユーザーのみが参加することができます。理論的には、これはあなたが信頼できる取引所であれば、より安全です。あなたは、彼らがIEOを吟味し、できるだけ多くのリスクを最小限に抑えるためにデューデリジェンスを行っていることを確認することができます。そのことを念頭に置いて、過去の取引所は、彼らが支払われたか、そうするためにインセンティブを与えられたので、唯一のコインをリストアップすることが知られているように、その品質の保証ではありません。また、必要なのは取引所を通じてコイン/トークンを取得するための通常の手順に従うだけなので、ICOよりもIEOを購入するのが簡単です。

ICO v.s IEO

ICO – イニシャル・コイン・オファリング IEO – イニシャル・エクスチェンジ・オファリング
それが詐欺ではないことを確認するために、プロジェクトとチームを調査する必要があります。 取引所は、自団体と顧客を守るために、すでにデューデリジェンスを実施しています。
トークンを購入するか、プロジェクトの別プラットフォームから取得する必要があります。 他のトークンと同じように、取引所を通じてトークンを購入します。
トークンが取引所に上場されるまで待つ必要があります。 IEO後すぐにトークンを取引できるようになります。

問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free