Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1412
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

先物取引所トップ4の説明

デリバティブ取引 が徐々に普及し、仮想通貨の世界的な取引量に占める割合が大きくなるにつれ、デリバティブやレバレッジ取引に関心を持つ仮想通貨ユーザーが増えており、この傾向は今後も続くと思われます。

仮想通貨のデリバティブは、仮想通貨の価格を追跡する金融商品ですが、実際の資産ではありません。つまり、価格変動を利用し、レバレッジを使って利益を増幅させたいと考えるトレーダーにとっては、最適なツールと言えます。プロのトレーダーは、商品、株式、貴金属などの従来の商品から価格を導き出す先物、オプションなどのデリバティブ市場に参加することがありますが、デリバティブは伝統的な金融においても非常に人気のある投資対象です。

top crypto exchanges explained

デリバティブ取引は、現物市場での取引とは全く異なるものであることに留意する必要があります。デリバティブ取引所では通常、レバレッジをかけることができるため、デリバティブ市場はボラティリティーが高くなりがちです。トレーダーにとって、レバレッジとデリバティブの仕組みを理解することは非常に重要ですが、プラットフォームを正しく選択することも重要です。この記事では、ユーザーが仮想通貨デリバティブを取引できるいくつかのプラットフォームを比較しています。OKExやBitMEXなどの主要プレイヤーだけでなく、Phemex やDeribitなどの興味深い機能を提供する新進気鋭のプラットフォームもあります。

BitMEX

現在、最も人気のあるピアツーピアの仮想通貨デリバティブ取引プラットフォームであるBitMEXは、HDR Global Trading Limitedが所有しており、セーシェルに本拠地を置き、バミューダと香港に支店があります。BitMEXは、ユーザーが先物や永久契約を購入することができ、幅広い注文タイプを通じて、証拠金取引などの多くの高度な取引オプションを提供しています。これにより、BitMEXは知識豊富なトレーダーにとって素晴らしい商品となっています。

特筆すべき機能:

前述のとおり、BitMEXはP2Pの仮想通貨取引プラットフォームであり、ユーザーはビットコインを使ってデジタル通貨(イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、カルダノ(ADA)、EOS(EOS)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、トロン(TRX))を購入したり、最大100倍のレバレッジをかけて永久契約、先物契約、アップ契約、ダウン契約などの金融商品を相互に取引したりすることができます。BitMEXでは、経験豊富なトレーダーを満足させる多種多様な注文(マーケットオーダー、リミットオーダー、ストップオーダー、テイクプロフィットオーダー、ヒドゥンオーダー)を提供していますが、初心者には少しわかりにくいかもしれません。そのため、BitMEXでの取引を始める前に、チュートリアルをよく見てみることをお勧めします。

セキュリティー:

BitMEXでは、すべてのビットコインをコールドストレージ・マルチシグネチャー・ウォレットに保管し、お客様の資金を最大限に保護することを保証しています。また、お客様から出金依頼があった場合には、承認前に2名のBitMEX従業員が手動で確認を行います。さらに、BitMEXは、クラウドベースのサーバーに秘密鍵を保存していません。

費用:

BitMEXでは、メイカー/テイカーモデルで行われる取引ごとに手数料が差し引かれます。取引手数料は、注文の種類(契約/先物)と選択した仮想通貨によって異なります。伝統的な先物の場合、ビットコインを取引する際、BitMEXはメイカートレーダーに0.025% をリベートし、テイカーに0.075% を請求します。また、BitMEXの手数料は、証拠金だけでなくレバレッジ全体に適用されることも重要であり、この特徴はオンラインフォーラムで時折批判されています。

制限:

BitMEXはフィアットベースの支払いを受け付けておらず、これは初心者にとってはエントリーレベルの障壁と考えられます。また、BitMEXは限られた数の仮想通貨しか受け付けておらず、その選択はまだ妥当なものですが、入金/出金はBTCを使ってのみ可能であることに留意する必要があります。さらに重要なことに、BitMEXはいくつかの理由で仮想通貨コミュニティから批判を受けています。大幅な清算は議論の余地があり(一部のユーザーは誤って清算されたと報告しています)、これらの再清算はインサイダー取引の疑惑の余地を与えていますが、公正に見てもまだ立証されていません。さらに、ユーザーからは、取引のピーク時におけるプラットフォームの安定性とパフォーマンスに関する問題が指摘されています。

OKEx

OKExは、仮想通貨のスポット、先物、デリバティブ取引を提供する人気のデジタル資産取引プラットフォームで、2017年に開始され、香港に拠点を置いています。現在、取引量や、トークンや先物の取引ペアでの多様なオファーによって、トップレベルのデジタル資産取引所の一つとなっています。

特筆すべき機能:

OKExで提供されているデリバティブ商品は先物であり、トレーダーは大量のレバレッジ(最大20倍)をかけることができます。OKExでは、30種類以上のコインやトークン(BTC、ETH、USDT、ETC、1ST、AAC、ABT、ACE、ACT AEなど)をスポット取引で、9種類のコインをデリバティブ取引で取引することができます(フィアットでの購入も可能)。OKExの取引プラットフォームはプロのトレーダーを対象としており、さまざまな注文タイプ(リミット、アドバンスドリミット、マーケット、ストップリミット、トレイル、アイスバーグ、TWAP)、レバレッジ取引、2つの通貨(米ドルと人民元)でのフィアット預金など、いくつかの便利な機能を提供しています。

セキュリティー:

OKExは、BitMEXと同様に、ユーザーのセキュリティを保証するいくつかの重要な機能をサポートしています。2段階認証、引き出し用のモバイル認証コード、パスワードとセキュリティ設定の変更、OKExからのすべてのメールに添付されるアンチフィッシングコードです。

費用:

取引手数料の安さはOKexの大きな強みであり、仮想通貨市場の中でも最安値を誇っています。取引手数料は、30日間の平均取引量に応じて段階的に設定されていますが、上限でも比較的低い水準となっています。取引量の少ない口座で最も高い取引手数料は、0.15%のメイカー料と0.2%のテイカー料です。メイカー手数料は0.02%、テイカー手数料は0.05%と低く設定されています。

制限:

OKexはアジア以外のユーザーに対して、特に必要な認証プロセスにおいて不親切だと指摘する声もある。さらに、先物取引は経験豊富なトレーダーに推奨されるものであり、初心者がOKexを使い始める前によく理解しておく必要があることも指摘しておきます。また、OKexは過去にウォッシュトレード(人為的に取引量を増やすこと)の問題を認めています。

Phemex

2019年に設立され、8人以上の元モルガンスタンレーのエグゼクティブが率いるPhemex は、最新の仮想通貨デリバティブ取引プラットフォームです。Phemexは、「ユーザー指向」のアプローチで機能を開発し、仮想通貨業界の基準では信じられないほど高いパフォーマンスを提供しています。また、Phemexでは、ユーザーが仮想資産を裏付けとしない契約を取引することができ、2020年には、S&P 500株価指数、金利、FOREX、商品、金属、エネルギーなどの伝統的な金融商品のデリバティブにも対応することを約束しています。BitMEXと同様に、入出金はBTCのみで行うことができ、前述のすべての商品にレバレッジをかけることができます(最大100倍)。

特筆すべき機能:

Phemexの最も顕著な特徴は技術的なものです。<1msの遅延速度、1秒あたり30万件以上の取引、99.9999%以上の可用性など、Phemexは従来の金融取引所と同等の機能を備えています。また、Phemexは FIX APIとサブアカウントをサポートする予定です。これは、仮想化ユーザーが一般的に要求する機能です。

セキュリティー:

Phemexでは、資産の安全性が非常に真剣に考慮されており、プラットフォームは独自の階層的決定論的 コールドウォレット システムを構築しました。このシステムでは、すべての資産がコールドウォレットに保管されるように、各ユーザーに独立した入金アドレスが割り当てられます。さらに、BitMEXと同様に、BTCの収集と転送はすべてオフラインの署名によって行われ、人間による厳しい目が向けられています

費用:

Phemex社は、プラットフォームのメイカー手数料を0.015%、テイカー手数料を0.065%に加えて0.05%の手数料を設定していますが、これは他の業界と同等の水準です。

制限:

現在、Phemexはフィアット通貨を認めておらず、初心者にとっては参入障壁となっています。また、BitMEXと同様、Phemexでは限られた仮想通貨しか受け付けておらず、入出金はBTCでしかできないことに注意が必要です。

Deribit

Deribitはオランダに拠点を置くビットコイン取引プラットフォームで、先物とオプションの取引が可能です。BitMEXと同様にビットコインのデリバティブをサポートしているため、Deribitは「Derivatives + Bitcoin」(デリバティブ+ビットコイン)という名前になっており、トレーダーはビットコインの先物取引で最大100倍のレバレッジを利用することができます。

特筆すべき機能:

Deribitは、10ドルの価格の先物契約を提供しており、デフォルトのレバレッジは10倍ですが、ビットコイン先物では最大100倍となっています。ビットコインのオプションとしては、Deribitの提供するものは比較的少なく、入出金のオプションとしては、ビットコインをお客様の口座に送金することしかできません。

この取引所は明らかに技術的な先進性を追求しており、ユーザーは1MS未満のレイテンシーで取引マッチングエンジンを介して取引を行うことができます。また、Deribitは、HaasOnline、BotVS、Actantなどのトレーディング・ボット・ソフトウェアと統合しています。

セキュリティー:

Deribitは認証を必要とせず、このプラットフォームのユーザーは単に登録して口座を開設するだけで、すぐにビットコインを口座に送金して取引を開始することができます。プラットフォームのセキュリティについては、Deribitはコールドストレージを利用してユーザーの資金の約95%を保護しています。

費用:

先物取引の価格は1枚あたり10ドル、メイカー手数料は0.02%、テイカー手数料は0.05%となっています。オプション取引については、メイカー、テイカーともにオプション契約ごとに0.04%の基礎手数料がかかります。その他の適用手数料として、決済手数料および清算手数料があります。

制限:

ヨーロッパに拠点を置く取引所であることは、Deribitが規制されていないことを意味し、将来的に規範的な問題の原因となる可能性があります。その他の制限としては、Deribitはビットコインのみをサポートしており、フィアット通貨はサポートしていません。

結論

要約すると、BitMEXとOKexは、仮想デリバティブ業界の現在のリーダーです。しかし、これら2つのプラットフォームの顧客は、代替手段を探しており、特にBitMEXの顧客は過去の大幅な清算で不当な扱いを受けたと感じています。しかし、PhemexとDeribitは確かに価値のある代替手段を提供しています:どちらも非常に高い天井に加えて、興味深くユニークで革新的な機能を備えています。このような理由から、仮想デリバティブの分野では競争が激化し、それぞれ特定のユーザー層を持つ複数の大手企業が参入する可能性があります。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free