コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > Hyperledger(ハイパーレジャー):エンタープライズグレードのブロックチェーンソリューションのためのフレームワーク >

Hyperledger(ハイパーレジャー):エンタープライズグレードのブロックチェーンソリューションのためのフレームワーク

2021-12-17 05:39:19

多くの人が思い込んでいることとは逆に、Hyperledgerはブロックチェーンでも暗号通貨でもありません。ブロックチェーン技術に取り組む企業でもありません。その代わり、Hyperledgerは間違いなく最も影響力のあるオープンソースのブロックチェーンに特化したプロジェクトで、企業や開発者が協力してエンタープライズグレードのブロックチェーンフレームワーク、アプリケーション、ソリューションを構築できるようにするものです。

hyperledger

Hyperledger以前は、ブロックチェーンはほとんどが完全に透明でパーミッション・レスでした。そのため、ネットワーク上の誰もがブロックチェーン上で発生した取引の詳細を見ることができました。明らかなように、ほとんどの企業は、取引の正確な詳細を全世界に開示するという考えに反対していました。このため、ブロックチェーン技術は企業にとって幅広い使用例があるにもかかわらず、企業レベルでの採用が制限されていました。

世界最大のオープンソース技術コンソーシアムであるThe Linux Foundationは、企業がブロックチェーンを実験するためのより良い方法を提供する必要性を感じていました。その結果、The Linux Foundationは、ビジネスに特化したブロックチェーンのインフラとアプリケーションを構築するためのエンタープライズグレードのツールと技術を提供するオープンソースのハブであるHyperledgerを立ち上げました。

$ 100ウェルカムボーナス

Hyperledger(ハイパーレジャー)のこれまでのストーリー

The Linux Foundationは、オープンソースの開発こそが、技術をより広く普及させるための道であるという信念のもとに設立されました。同財団は、企業がブロックチェーン技術を活用できるよう、ブロックチェーン分野にも同じコンセプトの共同開発を導入するため、2015年にHyperledgerを発表しました。

Hyperledgerは、30社の企業メンバーがプロジェクトを支援し、2016年にローンチしました。2021年現在、プロジェクトを支援する企業リストは200社以上に増えています。中でもリストの大御所には、アクセンチュア、日立、JPモルガン、IBM、富士通、ファーウェイ、レノボ、マイクロソフト、サムスン、SAP、ウォルマートなどが名を連ねています。

Hyperledgerは現在、第2位のブロックチェーンネットワークEthereumの企業向け子会社であるEnterprise Ethereum Allianceのメンバーでもあります。

現在、Hyperledgerは、IBMやIntelなどの大手テクノロジー企業が設計した数多くのブロックチェーンフレームワークを誇っています。Hyperledger上に構築されたエンタープライズグレードのフレームワークには、Indy、Fabric、Iroha、Sawtooth、Burrowなどがあり、最も広く利用されています。

設定できるレバレッジは最大100倍

Hyperledger(ハイパーレジャー)はなぜこれほどまでに普及したのか?

Hyperledgerの成功は、それが推進する技術であるブロックチェーンにあります。

ブロックチェーンは、その中核でたった一つのタスク、つまりデータや情報を記録し保存することだけを実行します。このデータは、取引の詳細、不動産の所有権文書、サプライチェーン情報など、何でもあり得るものです。ブロックチェーンの特徴は、その運用の制御を分散させ、暗号を使用して情報を保護することができる点です。また、ブロックチェーンはスマートコントラクトと呼ばれる自己実行型のデジタル契約をサポートしており、仲介者を介さずに様々な種類の取引を実行することが可能です。

これらの機能を組み合わせることで、ビジネスにおける大きなユースケースが期待されています。しかし、ブロックチェーンは従来、世界中の誰もがアクセスできる公開された無許可の台帳にデータを保存していました。そのため、企業はブロックチェーンの可能性を知っていても、ビジネスに関わる重要なデータが流出することを恐れて、ブロックチェーンの利用をあまり好まないでいたのです。

そこにHyperledgerが登場し、あとは歴史に残ることになったのです。

Hyperledger(ハイパーレジャー)のメリット

Hyperledgerは、企業が必要とするツールとフレームワークをオープンソース環境で提供し、企業向けのブロックチェーンを構築することを可能にしました。その結果、今日、パーミッション付きブロックチェーンと呼ばれるものが誕生しました。

パーミッションレス・ブロックチェーンとは異なり、パーミッションド・ブロックチェーンでは、ブロックチェーンに保存された情報を誰が閲覧できるかを企業が選択することができます。また、選択されたメンバーノードのグループのみが、台帳に新しいデータブロックを追加したり、既存のデータを修正したりすることを許可することができます。

手数料0

こうすることで、Hyperledgerは企業がブロックチェーン技術を導入するのに最適なエコシステムを作り上げたのです。そしてこれが、エンタープライズレベルのブロックチェーンソリューションの標準フレームワークとしてHyperledgerが採用された最大の理由です。

Hyperledger(ハイパーレジャー)の構成要素

2017年、Hyperledger Architecture Working Group(WG)は、そのエコシステム内の広大な可能性を煽るHyperledgrの要素を説明する最初の論文を発表しました。ここでは、その主な構成要素について簡単に紹介します。

  • コンセンサス・レイヤ(Consensus Layer):その名の通り、ブロックチェーンのノードがコンセンサスに達し、ブロック内の一連の取引の正当性を承認するためのレイヤーです。
  • スマートコントラクト層:あらかじめ定義された条件を満たすと自動的にアクションを起こすビジネスロジックのセットを決定するためのレイヤーのことです。
  • 通信レイヤー:ブロックチェーンは、ネットワークに新しい取引を追加するために、複数のノードに依存しています。通信レイヤーは、これらのノードがピアツーピア方式でメッセージを送信することを可能にします。
  • ポリシーサービス:このコンポーネントは、エンドースメントポリシーからコンセンサスポリシーに至るまで、システムで指定された様々なポリシーを管理するために使用されます。
  • API:企業はこれを利用して、外部のアプリケーションやクライアントがHyperledger上に構築されたブロックチェーンとインターフェースを取れるようにすることができます。

これ以外にも、Identity Services、Interoperation、Crypto Abstraction、Data Store Abstractionなどのコンポーネントがあります。

今後の展開

Hyperledger(ハイパーレジャー)は、産業用途のブロックチェーンソリューションを開発・展開するための事実上のブロックチェーンフレームワークとなりました。その技術やプロジェクトをサポートするメンバーのリストを考慮すると、Hyperledgerは世界中の大半のビジネスにブロックチェーン技術をもたらす運命にあると言えるでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Become the First PT Holders with ZERO Risk

Celebrate the Launching of the Phemex Token on November 30th