コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > ビットコインVS金:ビットコインは金よりも価値があるのか? >

ビットコインVS金:ビットコインは金よりも価値があるのか?

2021-03-19 06:23:42

ビットコインとゴールドの議論に関して、入門時に議論する必要がある最初の論争は、比較自体の理由についてです。なぜ突然、誰もが貴金属、つまり物理的な商品とデジタル資産を比較するのでしょうか。これらの2つの資産はどうして同じカテゴリに属する​​ようになったのでしょうか?

2つの間には非常にはっきりとした明らかな違いがいくつかありますが、実際には、ビットコインと金は、大多数の人が最初に想定している以上に類似しています。投資家がこの2つを比較することが多い主な理由として、多くの人が無記名証券健全通貨の両方を考慮しているためです。理論的には、どちらも同じ競技場で競争しています。

無記名証券とは、所有権情報を含まず、物理的な無記名者が資産所有者であると推定されるものです。無記名証券の典型的な例は、無記名債券、現物現金、および金貨です。現金または金貨をs所持している場合、あなたは自動的に所有者であると推定されます—簡単です。同様に、多くの人がビットコインを持ち運び用の道具と見なしています。これは物理的に保持されていないものですが、取引に署名するための適切な鍵を持っている人は誰でも所有者と見なされます。

一方健全通貨とは、購買力を長期的に維持し、政府や中央銀行の直接の管理下にない通貨を指します。歴史上、健全通貨は常に商品のお金と関連付けられてきました。文明が進歩するにつれて、人間はその優れた固有の特性から金、銀、およびその他の貴金属を健全通貨として使用することを一貫して選択してきました。これらのリソースは当然、偽造と複製が非常に難しく、費用がかかるものでした。

bitcoin-vs-gold

1971年まで米ドルや英ポンドなどの自国通貨は金に支えられていたため、これらの通貨の購買力は政府や上流階級の人々が提案した政策から実質的に独立していました。 通貨を金に固定するということは、中央銀行が単純に何もないところから多くのお金を印刷することができないことを意味しました。これは健全通貨の本質です。

とは言え、健全通貨は必ずしも資産の物理的形態に関連付けられているわけではなく、むしろその実用的な属性に関連付けられています。 デジタルであろうと物理的であろうと、資産がお金のすべての機能を備え、長期間にわたってその価値を保持し、偽造または複製するのに費用がかかり、政府の直接の管理下にない場合、それは健全通貨としての品質を維持していると言えるでしょう。

何百年もの間、は正当な理由と共に選択され続けた健全通貨でした、しかし今、ブロックには新生のトップ候補がいます。 ビットコインは10年余りしか存在していませんが、すでに金の優れたデジタルの後継者としての地位を確立しています。

しかし、はたしてそれは本当なのでしょうか?ビットコインは本当に金のバージョン2となるのでしょうか?お金としてのビットコインと金の健全性は、どのように比較できるでしょうか?

お金の3つの機能

お金は古くからさまざまな形をとってきましたが、価値の保存、勘定科目の単位、交換の媒体という3つの主要な機能を一貫して果たしてきました。 これらの機能を十分に果たすことができない資産は、真にお金とは見なされません。

交換の媒体

交換の媒体として機能するということは、買い手と売り手の間の仲介物として機能することを意味します。 商品やサービスを直接物々交換したり交換したりする代わりに、お金が取引を容易にする主要な手段になります。 ただし、適切な交換媒体としての資格を得るには、問題の商品がさまざまな市場での支払い手段として広く受け入れられている必要があります。

勘定項目の単位

勘定項目の単位として、お金は私たちが他の資産の相対的価値を測定するための支配者です。 これは、共通の分母として機能し、日常の商取引に必要なトレードオフの計算を劇的に簡素化出来る会計ツールです。

価値の保存

お金の3番目の本質的な機能は価値の保存です。 つまり、お金はその価値を大幅に低下させることなく、将来的に保存、取得、交換できる手段でなければなりません。
金とビットコインを3つの次元すべてで法定通貨と比較すると、法定通貨は3つのうち2つでトップになります。 それらは交換の媒体として広く受け入れられており、より安定しているか、変動が少ないため(ハイパーインフレーションの極端な場合を除く)、ビットコインや金よりもはるかに優れたアカウント単位になっています。 一方、法定通貨は、希少でなく、また費用がかからず、作成が困難でもないため、価値の保管庫となり得ます。 政府は事実上、自由にそれらを印刷することができます。

ビットコインVS金の直接対決

健全通貨の特性

健全なお金は、上記の3つの機能に加えて、耐久性、携帯性、分割可能性、均一性/代替可能性、認識可能性、供給/希少性の制限、受容性、および偽造不可能性の8つの特性も備えている必要があります。

ビットコインと金を隣同士に並べて、各カテゴリでどのように比較されるかを見てみましょう。

  1. 耐久性お金として使われるどんなものも、磨耗に耐えその形、形式、そして実体を長期間維持しなければなりません。 言い換えれば、永久に使用する必要がある場合、簡単に分解、劣化、またはその他の方法で状態が変化してしまうようではいけません。 ビットコインとはどちらもこの点で優れています。 金は変色したり錆びたりすることはなく、地球上で最も耐食性と耐酸化性のある金属です。 同様に、ビットコインは純粋にデジタルであり、世界中の何千ものコンピューターノードによって維持されている公共の台帳に保持されているデータによって表され、資産を非常に安全にするので、この意味では、耐久性があります。
  2. 携帯性支払い手段として広く受け入れられる商品は、簡単に持ち運びできる必要があります。 過去には、金は富を輸送するための最も便利な方法であったこともあり、金が好まれるようになりました。 その交換価値と比較して、それは非常に軽量の資産でした。 これは、人々が自分のポケットに収まるもので非常に価値のあるアイテムやサービスを簡単に購入できることを意味しました。 しかし、今日の情報化時代における移植性に関しては、ビットコインが最高の地位を占めています。 国境を越えたビットコイン取引は、金や法定紙幣の取引よりも大幅に安価で高速です。 これらのトランザクションに署名するために使用される秘密の鍵は、1枚の紙、USBスティックで運ぶことも、メモリに委託することもできます
  3. 分割可能性人々が交換の媒体として楽器を使用するためには、楽器は分割可能でなければなりません—そして分割が小さいほど良いです。 お金には、戦艦、輪ゴム、およびその間のすべての支払いとして機能できるようにする増分が必要です。 たとえば、米ドルは1ペニーの増分に分割できます。これは、市場で入手可能なほぼすべての商品またはサービスの価値を正確に測定するのに十分小さい増分です。 一方、は比較的簡単に十分に小さい増分に分割できますが、ビットコインと比較すると不十分です。 ビットコインは小数点以下8桁まで分割可能であるため、測定値の精度が非常に高くなり、金や米ドルで可能なものよりも桁違いに小さいアイテム課金が可能になります。
  4. 均質性— 均質性、均一性、代替可能性は、お金として使用される機器の等しい単位が同じ品質と価値を持たなければならないことを意味します。 これらのユニットは完全に交換可能でなければなりません。 たとえば、牛や貝殻はあまり均一ではないため、支払いを行うのは難しいです。 支払いに代替不可能な手段を使おうとすることは、交換の仲介媒体としてのお金の目的そのものを打ち負かします。 実際に商品を交換する前に、各ユニットを評価する必要があります。 一方、金は純粋な形でも生の形でも非常に均一であり、ビットコインも同様です。 金のグラムは、いつでもどこでも金のグラムであり変わりません。 同様に、すべてのサトシは平等であり、他のすべてのサトシと交換可能です。 それにもかかわらず、自然界では、金はしばしば異なる純度レベルで発見されますが、マイニングされたすべてのビットコインは常に次のものと同じになります。
  1. 認識可能性:これは、お金として使用される機器が他のすべての物質と簡単に認識され、区別される必要があることを意味します。 交換の媒体として、お金には、誰でも簡単にその真正性を確認および検証できるようにする特定の明確なマークが必要です。 金は、その独特の色、光沢、重さ、磁性、およびこの条件を満たすのに役立つその他の属性によって、比較的容易に認識され、他の金属と区別されます。 ただし、この点では、ビットコインよりも劣っています。 その技術的性質を考えると、ビットコインとの対話にはさまざまなツールと条件(有効なアドレス、ノード/マイナー、および不変の台帳)が必要であり、その真正性に気付くことは事実上不可能です。 金と金のような物質の純度が異なると、肉眼で正確に識別するのが難しい場合があります。
  2. 限られた供給:価値を維持するために、お金は不足していて、偽造して複製するのに非常に困難または費用がかかる必要があります。 金は当然非常に希少であり、地球の地殻の約0.00000031%を占めており、法定紙幣に比べて優れた価値のある保管庫となっています。 とは言うものの、経済で循環している金の正確な量を誰も知らないのに対し、ビットコインは確かに確実に不足しています。 存在するビットコインは2100万に過ぎず、特定の時点で流通しているビットコインの正確な量を知っています。
  3. 受容性—これはお金の本質と言えます。 他の誰も受け入れない資産と引き換えに、商品やサービスを提供する人は誰もいません。 この意味で、金は一般的に誰もがためらうことなく受け入れられています。 これは、価値資産の保管場所としての長い歴史と、支払い手段としての機能を超えた本質的な有用性のためです。 一方、ビットコインは一般的に金よりも受け入れられません。 より多くの技術的知識を必要とする、より斬新で不安定な資産であるため、さまざまな世代や、より制限の厳しい経済法や技術レベルの低い国々で広く採用されることはありません。 とはいえ、これは時間とともに簡単に変わる可能性があります。
  4. 偽造不可能性:最後の特徴はかなり自明です。 簡単に偽造できるお金は、効果的な交換手段ではなくなります。 この点で、ビットコインは再び金を打ち負かします。 ビットコインは、偽造または複製できないデジタル資産です。 ただし、金は、タングステンなど、同様の密度を持つ金属を模倣または混合することがよくあります。

纏めると、ビットコインはお金として金よりもほとんどの側面で優れているということになります。唯一金が優れているのは、その長い歴史による信頼できる価値資産の保存です。

ビットコインVS金 効用と内在的価値に関する議論

金について最も頻繁に繰り返される議論の1つは、ビットコインとは異なり、金は実際の有用性を備えた物理的資産であるため、本質的に価値があるというものです。 経済的価値理論を深く掘り下げることなく、金が実際に宝飾品や特定の部品以外に使用された場合、この議論ははるかに強力になります。 循環する金の7.5%のみが工業目的で使用されています。 残りは50%が宝飾品、30%が投資、銀行が15%を準備金の積み立てとして使われています。

このデータは、金の効用に関する議論を大幅に弱めています。 その主な用途であるジュエリーは、この目的に使用できるはるかに優れた素材があるため、強力な主張をすることは難しいです。 美学の観点においては、金の視覚的特性は、代替物質を介して簡単に複製できます。 同様に、実用性または耐久性の観点においては、ステンレス鋼ははるかに優れた選択肢として立っています。 ジュエリーのより深い社会経済的目的を考慮することも、この議論を弱体化させることにつながります。 本質的に、ジュエリーの所持は本質的にフレックスであり、裕福さの象徴です。 言い換えれば、金は宝石としての使用からその価値を引き出すのではなく、金にはすでに価値があるという既存の総意のために、人々は金を宝石として使用しています。

その産業用途に関しては、議論にはいくつかのメリットがあります。 それにもかかわらず、金の現在の価値をそのユースケースの7.5%しか占めていない要因に帰することは不誠実であり、誤謬でもあります。 現実には金の価格の大部分は、安定した価値の貯蔵とインフレに対する垣根としてのその目的の投機的な性質に由来しています。 この意味で、それはビットコインと実質的に区別がつかず、その固有の有用性はほとんど無視できます。

投資ポートフォリオにどのように全てが適合するのか?

投資において、ビットコインと金は完全に別の怪物です。

金に投資するべきか、ビットコインに投資するべきか

金とビットコインのどちらも、最近は同じインフレ・ヘッジ/安全資産カテゴリに強制されていますが、実際の投資の観点からこれ以上離れることはできません。

最初の顕著な違いは、金は一般的に、より保守的な投資またはリスクオフ資産と見なされますが、ビットコインは依然として典型的なリスクオン資産のように動作することです。 ビットコインはわずか11年前の新しい技術であるため、これは驚くべきことではありません。 一方、金は何千年もの間、お金と価値の貯蔵庫としての役割を果たしてきました。 その結果、ビットコインの時価総額は金の約6%になります。これは、揮発度が大幅に上昇し、流動性が低下し、取引所のハッキングや破壊的な規制などの外部ショックへの露出度が高くなることを意味します。

これらを踏まえると、金への投資は必ずしもビットコインへの投資よりも優れている、または安全であるとは言えません。

Journal Risk and Financial Managementに掲載された研究論文によると、ビットコインの代わりに金を使用した米国株式、米国債、米国不動産、EAFE株式で構成される同様に分散された基準のポートフォリオが最高のリスク調整後リターンを達成しました。

言い換えれば、ビットコインを含む分散ポートフォリオは、シャープ、ソルティノ、オメガ、情報比率などのリスク調整済み指標に従って、金を含むポートフォリオを大幅に上回りました。

ビットコインはその目新しさのために、一般的に年配でより保守的な投資家の間で評判が悪いものとなってしまっていますが 穀物に反する資産であり、何年にもわたって、50-80%の引き戻しが数回見られました。 さて、そのような揮発性があなたが腹を立てることができるものであるかどうかにかかわらず、決定する必要があります。ただし、過去のパフォーマンスの観点から、ビットコインはロングショットで10年で最高のパフォーマンスを発揮する資産であり続けるでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE