Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1412
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

IOTAとは: IOTAとIOT

要約

⦁ IOTA(MIOTA)とは、IoTエコシステムにおける機械間の取引を記録実行するために設計された、オープンソースの分散型台帳です。
⦁ IOTAは、自動車産業、産業用IoT、e-ヘルスなどの業界に関わっています。
⦁ IOTAは、最終的にIoTのための標準的な仮想通貨ベース資産に成長することを目指しています。

iota
2016年に発表されたIOTA(MIOTA)はIoTエコシステムにおける機械間の取引を記録・実行するために設計された、オープンソースの分散型台帳です。MIOTAは、1トークンあたり1.89ドルで取引されており、供給量の上限は27.8億で、時価総額は52.5億ドルです。

IOTAとは?

過去10年間のビットコイン(BTC)の成功は、ブロックチェーンの実世界での価値を証明しました。現在、ブロックチェーン技術は、医療、金融、ビジネス、政府など、さまざまな業界で利用されています。しかし、ブロックチェーンには欠点があります。最も重要なのは、避けられない取引手数料です。しかし、手数料を最小限に抑えることは容易ではありません。なぜなら、手数料はブロッククリエイターのインセンティブになるからです。
$ 100ウェルカムボーナス
IOTAのTangle
この問題を回避するために、IOTAは多くの仮想通貨で使用されているブロックチェーン技術を取り入れていません。その代わり、有向非環状グラフ(DAG)をベースにしたTangleと呼ばれる新しいデータ構造を採用しています。Tangleは、IoTのエコシステムに特化して設計された、新たなタイプの分散型台帳技術です。ブロックチェーンとは異なり、Tangleは取引の規模に関わらず手数料なしで支払いを行うことができ、マイナーやブロックを必要としません。

IOTAのTangleとブロックチェーンの主な違いは、ブロックチェーンがトランザクションを1つなぎのチェーンで保存するのに対し、Tangleはトランザクションを絡み合ったストリームで保存することです。この絡み合いは、Tangle独自の取引検証方法によるものです。基本的にトランザクションを承認するためには、トランザクション作成者は、ネットワーク上でランダムに過去の2つのトランザクションをシンプルなPoW(Proof-of-Work)プロセスによって検証しなければなりません。

Proof-of-Workでは、各取引において、取引作成者が処理能力を犠牲にする必要があります。これにより、IOTAはスパムやシビル攻撃からネットワークを守ることができます。これらの攻撃は、大量のトランザクションを発行する必要があります。Proof-of-Workは、攻撃者がIOTAのネットワークを混乱させるほどのトランザクションを生成することを困難にします。

IOTAの実例

IOTAは、コネクテッド・マシンやデバイスで使用するために特別に設計されました。IOTAのネットワークは、そのスケーラビリティと取引手数料がゼロであることから、理論上世界中のIoT接続されたデバイスとのデータ交換を促進することができます。そのため、IOTAは自動車産業、産業用IoT、e-ヘルスなどの業界に深く関わってきます。

スマートチャージングステーション(Smart Charging Station)

オランダのイノベーションセンターElaadNLは、共同で、IOTAを支払いに利用できる世界初のスマート充電ステーションを発表しました。電気自動車の所有者の多くは、複数の充電ネットワークのメンバーシップを支払う必要があるという問題に直面しています。

ElaadNLのスマートチャージングステーションでは、電気自動車の所有者は充電ケーブルを車両に差し込むだけで済みます。充電カードや会員登録は必要ありません。充電と支払いは自動的に行われ、IOTAの充電ステーションが自律的に支払いとユーザーとのデータ交換を処理します。

IOTA×ジャガー:スマートウォレット

また、別のパートナーシップとして、IOTA財団とジャガー・ランドローバー社は、「スマートウォレット」を自動車に統合するプロジェクトを発表しました。このプロジェクトでは、データ交換にIOTAのTangleを利用することで、車両がお金を稼いだり、サービスに対するマイクロペイメントを行ったり、情報を交換したりすることができます。例えば、走行中の車両は、道路の危険性や交通状況などの情報を自動的に関係者に報告します。また、ドライバーは、共有するデータ量に応じて、自動的に少額の報酬を得ることができます。

$ 100ウェルカムボーナス

IOTA×Dell: Project Alvarium

今年、IOTA財団とデル・テクノロジーズは、データの信頼性を測定する世界初のデモンストレーションであるProject Alvariumを共同で発表しました。Project Alvariumは、データが重要なビジネス機能に使用される前に、データを評価する測定可能な方法を提供します。このシステムは、IoTデバイスのセンサーからクラウドへの移動中にデータを記録します。すべてのインタラクションには、業界固有の基準に基づいた信頼度の評価が与えられます。これらのスコアはIOTAのTangleに記録され、完全性を確保し、改ざんを回避します。

IOTAアプリケーションの可能性

IOTAには、そのアプリケーションをの可能性を見ることができる2つのパイロットプロジェクトがあります。

2017年、IOTA財団はData Marketplace発表しました。この概念実証では、参加者はデータをサイロに閉じ込めて無駄にするのではなく、センサーデータを利害関係者と交換して収益化することができます。この市場では、データの整合性を確保するためにMasked Authenticated Messagingを使用し、暗号化されたデータ転送が可能です。2019年現在、70以上の組織がデータマーケットプレイスに登録しています。主な参加者は気象観測所や環境機械、発電所などです。

2019年、IOTAは、世界初の自律分散型の仮想マーケットプレイスIndustry Marketplaceを立ち上げました。このマーケットプレイスは、産業機械やプロセスのインテリジェントなネットワーク化を進めるドイツのプラットフォームPlattform Industrie 4.0が開発した仕様に基づいて構築されています。Industry Marketplaceの主な目的は、自動車、エネルギー、メディアなどの業界を対象に、物理的およびデジタル的な商品やサービスの取引を自動化することです。

IOTAは誰が開発したの?

2015年、David Sønstebø氏、Sergey Ivancheglo氏、Dominik Schiener氏、Serguei Popov博士がIOTAを立ち上げました。IOTAの初期開発資金は、参加者が他のデジタル通貨でIOTAトークンを購入する、オンラインのパブリッククラウドセールで賄われました。

IOTAは999,999,999トークンを販売し、1,337BTCを調達しました。その後、トークンの供給量を27億8,000万まで増やしました。これは供給量が多いほど、効率に悪影響を与えることなく小額の送金を最適化できるためです。トークンの総供給量は、初期投資家に比例して分配されました。2016年、IOTAはネットワークを立ち上げました。

その翌年、初期のIOTAトークン投資家は、トークン提供による資金の5%をIOTA財団に寄付しました。IOTA財団はIOTA技術の研究開発、教育、一般化を支援する非営利法人として、ドイツで設立されました。同財団はInternational Association for Trusted Blockchain Applicationsのボードメンバーであり、Trusted IoT AllianceやMobility Open Blockchain Initiative(MOBI)の設立メンバーでもあります。
設定できるレバレッジは最大100倍

IOTAの価格変遷

IOTAの価格は、ほぼ1年間、0.2000ドルから0.6000ドルの間で変動していました。2021年の初めに、価格は2月1日の0.4208ドルから2月21日までに1.4841ドルまで急上昇しました。その後、2月23日には1.0770ドルまで下落しました。その後、価格は着実に上昇し、4月17日には2.6145ドルに達しましたが、再び下落しています。現在、IOTAの価格は1.9000ドル前後で推移しています。

iota
2020年12月5日から2021年5月18日のIOTAの価格変動 (資料: TradingView)

TangleとIOTAの技術、パートナーシップ、統合の価値がIOTAの価格に影響を与える要因として考えられます。2021年2月初旬の急騰は、市場全体の強気の上昇トレンドではなく、前述のProject Alvariumの発表が要因です。その後の価格の下落は、長期保有者の一部がこの上昇トレンドに乗じて売却した可能性を示しています。

IOTAは現在、時価総額で33位にランクインしています。全IOTAトークンは、ローンチ時に既に採掘されており、作成されています。IOTAの流通供給量と最大供給量は、

2,779,530,283,277,761トークンに固定されています。デジタル通貨取引所では、IOTAはMIOTA単位で取引されており、1MIOTAは1,000,000IOTAに相当します。

IOTAの将来は?

IOTAは現在、大規模な使用と一般化に向けて移行中です。IOTAは、初期段階でネットワークを保護するために、34%の攻撃防御を提供するコーディネーター・ノードを実装しました。コーディネーターがいなければ、攻撃者は簡単にネットワーク上に多くのノードを作り、悪意のあるトランザクションを生成することができます。これを防ぐために、コーディネーターノードは、”マイルストーン “と呼ばれるゼロバリューの取引を定期的に発行します。コーディネーターがマイルストーンを作成する際、各マイルストーンはコーディネーターが承認したトランザクションのサブTangleを引用します。あるノードで承認されたトランザクションの一部が欠けている場合、マイルストーンはソリッドではなく、ノードは同期されません。古いソリッドマイルストーンが使用されている場合、そのトランザクションは承認されない可能性があります。

2017年には、TangleのパスがIOTA財団が運営するコーディネーターノードを介して集中的に指示されるため、現在の形態のIOTAは中央集権的であるとする記事が掲載されました。同年、IOTAはネットワークが100%分散化されていると説明する記事を発表しました。すべてのノードは、コーディネーターが1からIOTAを作成したり、二重支出を承認したりしてコンセンサスのルールを破っていないことを確認しています。しかし2020年、IOTAはコーディネーターノードを永久的に削除し、完全に分散化されたネットワークを立ち上げる計画を発表しました。IOTA 2.0と呼ばれ、Coordicideとも呼ばれるこのアップグレードは、年内に完了する予定です。

IOTAとIoTエコシステムは、企業や事業者がB to Bモデルを導入することを可能にします。データは、取引手数料なしでリアルタイムにオープンマーケットで販売できるサービスや商品を提供するためのリソースとして使用されます。Tangleは、デバイス間の通信チャネルを通じて安全なデータ転送を実現します。取引手数料がゼロで、無限に近いスケーラビリティを持つIOTAは、最終的にIoTのための仮想通貨ベースの資産に成長することを期待しています。

IOTAは、Dell、Bosch、Fujitsuなどの営利、非営利、政府機関、学術団体と協力しています。また、100件以上の特許に引用されています。現在、IoTに特化したプラットフォームとしては最も著名であり、インダストリー4.0の発展に伴い、さらに成長し、強力なパートナーシップを形成する可能性があります。

IOTAにセキュリティーの欠点はある?

2017年9月、研究者はIOTAの旧ハッシュ関数「Curl-P-27」に深刻な脆弱性を発見しました。この関数は2つの異なる入力を与えられると同じ出力を出し、その点を指摘していました。研究者は分析の中で、Tangleの資金が破壊されたり盗まれたりした可能性があると述べています。

また、IOTAは複数の攻撃の対象となっています。2018年1月には、悪質なオンラインシードクリエーターを利用したユーザーから1,000万米ドル相当以上のIOTAトークンが盗まれました。その翌年には、IOTA財団が管理するウォレットに統合された第三者の決済サービスの脆弱性により、50個のIOTAシードが侵害されました。この結果、200万ドル相当のIOTAトークンが盗まれました。その後、IOTAチームは、この脆弱性に対処しました。

まとめ

IOTAは、次の産業革命の中心に自らを位置づけるという非常に高い目標を掲げています。初期にはセキュリティ面でいくつかの問題がありましたが、チームは適切に対応し、企業向けのシステムを確保しました。

IoTの重要性が高まる中、競争は避けられません。IOTAの競争相手として注目されているのは、IoT Chain、Hedera Hasgraph、IoTexなどです。これらのプラットフォームは、手数料がほとんどかからず、低消費電力のデバイスに対応し、マシン・ツー・マシンの通信に適しています。このような状況にもかかわらず、IOTAは、数多くのパートナーシップと印象的なロードマップの進捗により、依然としてリーダー的存在です。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free