コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > テクニカル分析 > ダウ理論の説明:ダウ理論はまだ有効か? >

ダウ理論の説明:ダウ理論はまだ有効か?

2021-05-18 10:40:32

 

1896年、ウォール・ストリート・ジャーナルの創始者であるチャールズ・H・ダウは、ダウ・ジョーンズ工業平均株価指数を導入し、20世紀に入ってからは「ダウ理論」と総称される一連の記事を発表しました。ダウ理論は、テクニカル分析に欠かせないものとして、西洋にローソク足チャートが導入される以前から広く用いられていた。

また、ダウは、さまざまな種類の株式の値動きから市場の動きを予測できると考えていた。ダウの理論によると、工業株の上昇トレンドは、運輸株にも同様の上昇の動きがあって初めて確認されるというもので、ダウはこの2つのカテゴリーをより正確に定義するために多くの市場平均を作成した。

設立当初は、チャールズ・ダウとエドワード・ジョーンズが自ら経営に携わり、高品質な金融ニュースを提供することで評判を高めていきました。1902年にダウが亡くなると、会社はクラレンス・バロンとジェシー・ウォルドロンに買収され、その後、経営権はバンクロフト家に引き継がれ、2007年にNews Corp.に買収されました。

dow-theory

ダウジョーンズ工業平均株価指数

世界は、ダウが理論を構築した当時とは異なっており、それ以来、支持者と批判者の両方を集めています。この理論は、いくつかの基本的な信念、つまり「テネット」の上に構築されています。ダウは長年の市場観察からこれらの信条を生み出し、これらの9つのルールは金融市場でダウ理論を使用するための基本となっています。

一つ目は、株価指数は公開されているすべての情報を代表するものであり、予期せぬ出来事が発生した場合には、最も正確な資産価値を反映させるために市場を再調整する必要があるというものです。また、ダウの信条は、プライマリー・トレンドとセカンダリー・トレンド、そしてマイナー・トレンドという3つの大まかな市場動向を提案している。

ファーストマーケットの動向

プライマリートレンドとは、1年から数年に渡って続く市場の主要なトレンドのことです。プライマリートレンドは上向きにも下向きにもなり得るもので、一般的に市場の数年に渡る大まかな方向性を示します。しかし、プライマリートレンドは長期的な投資家の関心を引く傾向がありますが、アクティブトレーダーは観察可能なすべてのトレンドを考慮に入れます。

セカンドトマーケットの動向

二次的なトレンドは、一次的なトレンドの修正である。弱気市場での短期間の回復のように、より広範な市場の動きに対する一種の反作用として機能します。一般的には、数週間から数ヶ月の間で推移します。

マイナートレンド

マイナートレンドは、日常的に起こりうる、より頻繁な市場の変動です。トレーダーの中には、このようなトレンドを「マーケットノイズ」と呼ぶ人もいます。

ダウのガイドラインでは、市場の方向性は、すべての指数が相互に一致した場合にのみ確認されるとしています。また、出来高は価格の動きに適合し、上昇トレンドや下降トレンドでは出来高が増加し、修正や反転では出来高が減少するとしています。

また、市場が集約されている時期には、市場が長期間にわたって横ばいで推移することがあるため、横ばいの動きは二次的なトレンドの代用としても使用されます。また、終値は、その日の株価の最終的な評価を表す最も重要な価格水準であると広く考えられている。

ダウ理論の3つのフェーズ

ダウ理論では、市場は「蓄積」「マークアップ」「分配」の3つのフェーズのサイクルで動くとされています。蓄積のフェーズでは、市場が売られた直後、株価が割安で、長期的に上昇する可能性があるために機関投資家や「スマート・マネー」を惹きつけているときに発生する傾向があります。機関投資家からの定期的な購入があれば、売り手は容易に取引を見つけることができ、価格がさらに下がるのを防ぐことができます。

蓄積段階は何ヶ月も続くことがあり、一般的には市場の底を示し、強力なサポートレベルが形成されます。在庫がすべて吸収されると、企業の景況感が改善され、株価が上昇する「マークアップ期」に入ります。この段階では、株価指数は急激に上昇し、その速さが最大の特徴となります。

マークアップ・フェーズでは急激な上昇により、多くの一般投資家は利益を得ることができず、潜在的な利益から興奮する新規投資家や、より高い価格を予測するアナリストが存在します。最後に、株価が新高値に押し上げられた後、より良好なビジネス環境が市場の投資を促し、一般の投資家が投資し、「分配期」がスタートします。

初期の投資家はこの段階で、市場の需要が高いために簡単な取引を見つけて株を売り始めます。流通段階での価格の動きは、価格が下降傾向にあることを除けば、蓄積段階での動きと似ています。価格が上昇しようとすると、賢い投資家は持ち株を売却し、繰り返し抵抗線を形成します。

分配期は市場が完全に売り払われて終了し、再び蓄積期に入り、サイクルが繰り返されます。このようなパターンが何年にもわたって繰り返されていますが、2つの市場サイクルが同じではないことに注意する必要があります。蓄積期が長くなる市場もあれば、マークアップ期や分配期が長くなる市場もあります。

市場を評価する際には、こうした局面を最近の出来事や他の市場動向と照らし合わせて見ることが重要です。多くの人は、ダウ平均株価が市場全体の状況と連動していると考えており、ほとんどの場合、ダウの好調さは経済の好調さを表しています。

ダウ理論の正確さ

アーリーアダプター

チャールズ・ダウは、1884年に最初の株価平均を作成しました。この株価平均は、毎日発行される金融情報誌「カスタマーズ・アフタヌーン・レター」に掲載されていた9つの鉄道会社と2つの工業会社から構成されていました。その2年後、ダウ・ジョーンズ輸送平均株価には、後に彼の最も有名な株式市場インデックスを形成することになる12社のうち、1社しか含まれていませんでした。

Dow Jones Industrial Average (DJIA) (Dow 30)は、NYSEとNASDAQで取引されている上場企業30社の株式を対象としています。DJIAは米国で2番目に古い市場指数であり、1番目は前述のTransportation Averageです。DJIAは、経済全体の健全性の代理として機能するように作られており、主にミューチュアル・ファンド、ETF、または先物やオプションなどのデリバティブ契約を通じて投資されています。

世界で最も注目されている株価指数の一つであるダウ30に含まれる企業は、マイクロソフト、ウォルト・ディズニー、エクソン・モービルなど、常に安定した収益を上げている企業が中心となっています。経済の変化に伴い、ダウ30の構成銘柄も変化していきます。

時価総額が大きいために大きな損失を被った企業はダウから外されることがあり、また株価指数の高い銘柄は計算上の比重が大きくなります。当初は、12銘柄の価格の合計を12で割って算出していた。しかし、定期的な銘柄の追加や削除、合併や分社化を考慮しなければならないため、時間の経過とともに単純平均の計算は意味をなさなくなっていった。

そこで、ダウ指数を構成する30銘柄のうち、1ポイント以上の変動を判断するための定数である「ダウ除数」が必然的に作られた。ダウ除数はあらかじめ決められているが、指数の価値を維持するためにその値を変更する必要がある場合もある。現在のダウ除数の値は、ウォール・ストリート・ジャーナルに掲載されている。

ダウ・ジョーンズ工業株平均は、S&P500とは異なり、加重平均ではなく、すべての構成銘柄の1株あたりの価格の合計と除数との比率を表しており、累積時価総額ではありません。このため、いずれかの構成銘柄の1ポイントの動きが、指数をも動かすことになります。

会社とコンポーネント

1928年には、DJIAは現在の30構成銘柄に成長しましたが、その後、構成銘柄は60回も変更されています。最初の変更は、30銘柄体制になってからわずか3ヵ月後に行われ、その後、世界大恐慌までの間に何度も変更された。最初の大規模な変更は1932年に行われ、構成銘柄が8銘柄入れ替わった。

今世紀の第3の10年に入ると、ダウ指数は強気路線を維持し、2020年2月にピークを迎えました。第1四半期末には、世界的なパンデミックが発生し、各国の経済に影響を与える中で、指数は23%下落しました。ピークを迎えてからわずか数週間後には、2008年の金融危機の際にも見られたように、DJIAは連日のように下落しました。

1987年以来の最悪の四半期となりましたが、第3四半期には市場は回復し、年末には最高値を記録しました。しかし、ダウ指数は大型株30社で構成されているため、米国経済の状況を正確に表していないとの批判があります。

ダウ理論 SP 500の比較

米国の企業数の多さや規模の大きさと比較して、DJIAの構成銘柄数は少なすぎると考え、S&P500の方がより多くの多様なデータを用いて経済を表現していると考えるアナリストもいます。また、DJIAの構成銘柄間の相関性は、株価が下落しているときに高くなり、横ばいや緩やかな上昇のときに低くなることが確認されています。

また、株価は時価総額に比べて企業の価値を不完全に表しているという批判もあります。ダウ・ジョーンズ・インデックスは株価に基づいて値動きを評価するため、時価総額の低い小企業の高額株の動きはインデックスに大きな影響を与え、経済の健全性をより正確に把握することができません。

ダウ理論は現在も有効かどうか

ダウ・ジョーンズ社は、世界で最も著名な金融ニュース会社の一つで、19世紀にチャールズ・ダウ、エドワード・ジョーンズ、チャールズ・バーグストレッサーの3人によって設立されました。ダウは、複雑な金融テーマを一般の人々に説明することに長けており、株式市場の動向を示すシンプルなベンチマークが投資家にとって不可欠であると考えていました。

現在、Dow Jones & Companyは、MarketWatchやBarron’sなどの出版物を発行し、金融分野における主要かつ信頼できるニュースソースであり続けています。しかし、同社はもはやダウ・ジョーンズ・インデックスを管理していません。この指数は現在、S&P Global社とCME Group社のジョイントベンチャーであるS&P Dow Jones Indices LLC社が所有しています。

ダウ理論とDJIAには欠点もありますが、無数の市場シナリオにおいて非常に有用であることが証明されています。この指数は経済に適応し続け、構成銘柄を最も関連性の高い30社に常に入れ替えているため、市場への反映も進化し続けています。1世紀以上にわたって使用されてきたダウ平均株価は、テクニカル分析の分野では欠かせないツールとなっています。どこが有効で、どこが失敗なのかを理解することは、米国株式市場への投資を最大限に生かすことにつながります。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します