Logo

Phemex 無期限契約

無期限契約は、従来の先物契約(将来特定の時間に所定の価格で商品を売買する契約)に似た派生商品ですが、1つの主な違いがあります:先物とは異なり、無期限契約は有効期限がないので、お好きな分だけポジションを保持できます。 さらに、無期限契約は証拠金ベースの現物市場を模倣するため、指標価格に近い取引であるため、取引の結果を増幅することができます。そして、商品の価格が最初のマージンに等しいことも意味します(担保として提供した合計ファンドの割合)が自動的に株式を清算し、ポジションを清算します。

BTC無期限契約とUSD無期限契約について

フェメックスでは、ユーザーは2つの異なるベース通貨を使用してすべての契約を取引することができます。BTCで決済される当社のインバースBTCUSD契約の場合、各契約は1米ドルのビットコインの価値があります(1米ドル/現在のBTC価格)。利益と損失は、契約のBTC価値に基づいて計算されます。利益は、始値での契約価値(1USD/始値のBTC価格)と終値での契約価値(1USD/終値のBTC価格)の差に数量を掛けたものになります。損失は、終値での約定値(1USD/BTC終値)と始値での約定値(1USD/BTC始値)の差に数量をかけたものになります。どちらの関数も非線形、つまり変化率が一定ではないということです。当社の線形のBTCUSDペアなど、米ドルで決済される契約の場合、各契約の価値はあらかじめ決められていません。例えば、ETHUSD契約では、各契約は0.005ETH相当の価値があり、XRPUSDでは、各契約は5XRP相当の価値があります。利益と損失は、米ドルでの契約の価値に基づいて計算されます。両方とも、終値と始値の差に数量をかけたものに相当します。どちらの機能も直線的に変化し、一定の変化率を持ちます。

取引契約を開始する方法

まず、対応する契約取引口座に資金を送金する必要があります。さまざまな契約取引口座がさまざまな資産タイプをサポートします。たとえば、BTC契約取引口座では、スポットウォレットからBTCを転送する必要があります。 Phemexは現在米ドル預金をサポートしていないため、米ドル契約取引口座に送金するには、最初にスポットウォレットで資産を米ドルに変換する必要があります。資金がスポットウォレットから契約取引口座に送金された後、契約の取引を開始できます。