Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1357
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

注文の種類

Author:

お客様のあらゆるニーズに対応するため、Phemexでは、さまざまな注文タイプをご用意しています。注文タイプを簡単な説明とともに紹介します。

成行注文

成行注文は、現在の市場価格で即座に実行されます。ユーザーは、急ぎの注文実行のためにこのオプションを好むかもしれません。この注文を実行する際には、オーダーブックの動きに注意を払うことをお勧めします。大きな成行注文は、マーケットインパクト・コストが発生する可能性があります。

指値注文

指値注文は、売買する最大または最小価格を指定します。この注文タイプは、取引コストを最小限に抑えるのに役立ちます。ただし、指値注文は約定を保証するものではありません。市場外の価格を指定すると、注文が執行されない可能性があります。

条件付き注文

条件付き注文は、指定された条件を満たすと自動的に発動します。注文を有効にするには、最終取引価格、指数価格、マーク価格のいずれかに基づくトリガー価格(TP)を指定する必要があります。このオプションは、一般的に経験豊富なトレーダーが高度な戦略で使用します。

損切り注文

損切り注文では、注文が執行されて決済される最低価格を指定することができます。これにより、損失額を最小限に抑えることができます。このタイプの注文は、主に2つの戦略にお勧めします:

– 既存のポジションの損失を制限するためのリスク管理ツールとして

– 市場から注文が出されるのを待つのではなく、希望のエントリーポイントでマーケットにエントリーするための自動ツールとして

利益確定注文

利益確定注文は、損切り注文に似ています。しかし、価格がポジションに対してネガティブに動いたときに約定するのではなく、価格がポジティブな方向に動いたときに約定します。ポジションを決済するチャンスを増やすために、指値注文ではなく、利益確定注文を使用することをお勧めします。これは、市場が事前に定義されたトリガー価格に到達したときにのみ執行される成行または指値注文を指定することで可能になります。

高度な注文機能

ここでは、上記で紹介した既存の注文方法に加え、これまでのオプションの一部と組み合わせて利用できる追加注文機能を紹介します。

ポストオンリー注文

ポストオンリー注文とは、すぐに約定しない場合にのみ受け付ける指値注文のことです。目的は、これらのポスト・オンリー・オーダーは決して流動性を取らないようにすることです。ポストオンリー注文は、メーカーリベートを得る受動的な注文のみを提出するためによく使用されます。この注文タイプは、指値注文、逆指値注文、または利食い注文のセクションから、「ポストオンリー」ボックスにチェックを入れることでアクセスできます。

クローズオントリガー注文

クローズオントリガー注文は、ほとんどの損切り注文と利益確定注文で使用できる追加注文タイプです。これは、”クローズオントリガー”ボックスをチェックすることで有効にすることができます。これらの注文は「優先度の高い」注文とみなされます。約定するのに十分な証拠金がない場合、同じ取引ペアの他の未決済注文をキャンセルしようとします。この注文はポジションを減らすためにのみ使用することができ、ポジションが増加する場合は自動的にキャンセルされます。トレーダーは、市場が反転した場合にこのタイプの注文を使用します。

よくある質問

成行注文の価格は保証されていますか?

いいえ、注文は注文帳から入手可能な最良の価格で即座に執行されますが、価格は非常に迅速に変動する可能性があります。

その場合、どのように価格を保証することができますか?

注文の価格を重視される場合は、指値注文のご利用をお勧めします。指値注文は執行に時間がかかりますが、価格は保証されています。

成行中の注文はどこで確認できますか? 「アクティブな注文」タブには、現在のアクティブな注文がすべて表示されます。

Was this article helpful?

Related Articles