コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > NEM(XEM)とは?ユニークなビジネスグレードのブロックチェーン >

NEM(XEM)とは?ユニークなビジネスグレードのブロックチェーン

2021-09-18 03:38:43

2015年3月に発表されたNEM(New Economic Movement)は、高速、安全、かつ柔軟なエンタープライズグレードのアプリケーションを促進することを目的としたユニークなブロックチェーンプラットフォームです。このプラットフォームは、PoI(Proof-of-Importance)と呼ばれるブロック検証方法の先駆者です。PoIは、BitcoinEthereumなどの他のブロックチェーンで使用されているProof-of-Work(PoW)Proof-of-Stake(PoS)方式の多くの限界を解決する、重要なブロックチェーンの革新技術です。

NEMのネイティブな暗号通貨であるXEMは、1トークンあたり約0.16ドルで取引されており、供給量の上限は90億で、時価総額は約15億ドルになります。

nem

NEMとは?

NIS1と呼ばれるNEMのネイティブブロックチェーンは、独自のPoI(Proof-of-Importance)ブロック検証方式を採用しています。PoIモデルでは、どのノードが取引を検証するかを決定する3つの重要な要素があります。それは、ノードがベスティングステークと呼ばれる10,000XEMの最低残高を持っているかどうか、そのノードが行った過去の取引の数と規模、そして取引のパートナーの質です。

PoIは、PoSとは異なり、コインを貯め込むのではなく、積極的な取引に報いる仕組みになっています。また、PoWの検証モデルに内在する膨大なエネルギー消費の問題も回避できます。

PoIのトランザクションブロックを検証するプロセスはハーベスティングと呼ばれます。しかし、ハーベスティングでは、検証を行うために巨大なスーパーコンピュータを必要としません。ほとんどの場合、軽量なノードであれば、計算能力の高いスーパーノードにリンクし、その能力を「借りる」ことで、迅速にトランザクションを検証することができます。

PoIとハーベスティングというユニークなコンセプトのおかげで、NEMは非常に高速で柔軟なプラットフォームとなっています。さらに、NIS1は、ビジネスグレードのアプリケーションの開発や移植を可能な限りシームレスに行えるように設計されています。そのアーキテクチャにより、このブロックチェーンは、企業や会社が運営するさまざまなプロプライエタリネットワークの間の媒体として機能するのに理想的です。

How the NEM blockchain works

NEMブロックチェーンが企業システムと連携する仕組み(出典:Nemplatform.com)

NEMは何をしているのか?

NEMはその設立当初から、ビジネスアプリケーションの展開を促進し、企業がブロックチェーン技術を利用するためのブロックチェーンとして位置づけられており、NEMほどビジネスに適したブロックチェーンはほとんどありません。日本の電子機器大手である日立でさえ、POSソリューションにNEMベースのプラットフォームを構築することを選択しました。日立よりもかなり規模は小さいものの、他の多くの企業も、このプラットフォームの柔軟性、スピード、適応性を利用しています。その中には、ピアツーピアのストレージとストリーミングに特化したNEMベースのDAPであるProximaXも含まれています。

NEMグループのVC部門であるNEM Venturesは、以下のようなNEMをベースにした革新的なプロジェクトのポートフォリオを誇っています。

  • ioDLT(Internet of Distributed Ledger Technology):モノのインターネット(IoT)とブロックチェーン技術を組み合わせたB2Bプロジェクトで、IoTデバイスから発信されるデータを安全に記録します。
  • Wave Financial Group:デジタル資産やトークン化された実物資産の分野で、資産管理、資金調達、コンサルティングを専門とする投資管理会社。
  • Cyclebit:小売業者向けデジタル決済ツールの開発会社。Cyclebitは、企業が店頭、オンライン、外出先での購入において、暗号通貨や従来のフィアット通貨での支払いを容易に受け付けることができるよう支援しています。
  • Techemy:ブロックチェーンとDLT(分散型台帳技術)の領域で多くのプロジェクトを持つ持ち株会社です。主にスマートコントラクトやブロックチェーンの開発、コンサルティング、投資、ID管理ソリューションなどのプロジェクトを展開している。

NEM Venturesが資金提供やサポートを行っている商業目的のアウトフィットに加えて、いくつかのコミュニティやオープンソースのプロジェクトがNEMプラットフォーム上で活動しています。

  • NEM Hot/Cold Wallet:安全なオフラインの暗号ウォレットの開発を目的としたプロジェクトです。Hot/Cold Walletでは、ウォレットをインターネットに接続することなく、簡単にXEMを送受信することができます。
  • ioNEM:ブロックチェーンベースのIoT対応デバイスの管理と制御

2021年3月、NEMグループは2つ目のブロックチェーンであるSymbolを立ち上げ、オリジナルのNIS1ネットワークとともに運用しています。Symbolでは、XYMという独自の暗号通貨を使用しています。

The NEM Group second blockchain

NEMグループの2つ目のブロックチェーン「Symbol」は2021年3月にスタートした。

(出典:Nem.io)

NEMグループは、Symbolの立ち上げはNIS1が段階的に廃止されることを意味するものではなく、Symbol/XYMとNIS1/XEMは並行して運用されると述べています。

NEMはSymbolを次世代のエンタープライズグレードのブロックチェーンと位置づけています。Symbolは、NEMグループが、企業やエンタープライズに選ばれるブロックチェーンとしてのイメージを強化し、活性化させようとしているのでしょう。

NEMの背後には誰がいるのか?

NEMは、NXTブロックチェーンプラットフォームのハードフォークとして設立されました。NEMは、Bitcointalkのディスカッションフォーラムに参加していた、ニックネームでしか知られていない3人の開発者によって作られました。Jaguar0625、BloodyRookie、そしてgimreです。

NEMのプレプロダクションバージョンは2014年にさかのぼり、最初の安定版は2015年3月に導入されました。2016年には、プロジェクトの運営とサポートを目的とした非営利団体「NEM Foundation」がシンガポールで発足しました。同財団の初代理事長は、シンガポールの技術系起業家であるLon Wong氏でした。

2018年4月、Wongはその職を退きました。その後数か月間、NEM財団は、監査によって発覚した「資金に対する説明責任がほとんどない」という疑惑により、ネガティブな評判を経験しました。2019年初頭、経営陣の全面的な刷新が発表され、アメリカのブロックチェーンおよびマーケティング戦略家であるアレクサンドラ・ティンスマンが財団のリーダーに任命されました。また、NEM財団はその名称をNEMグループに変更しました。新経営陣の功績により、NEMはこの困難な時期を比較的無傷で通過することができました。

この種の挑戦や世間の注目を浴びることで、他の数多くのブロックチェーンや暗号通貨が歴史に残ることになりました。しかし、慎重な危機管理と、確かにNEMのビジネスに適したコンセプト全般によって、このプラットフォームは存続し、これまでと同様に関連性を保っています。

しかし、2020年後半には、TinsmanはNEMグループを去っていました。同グループの現在のCEOは、米国メリーランド州在住のDavid Shawです。同グループは正式にはシンガポールに本社を置き、グローバルに多様なチームと業務を展開しています。

XEMの価格推移

2015年初頭に登場したNEMの暗号通貨XEMは、市場に登場してから2年間は0.01ドル以下で取引されていました。2017年3月に初めて0.01ドルに到達しました。その2ヵ月後には0.10ドルを超えました。XEMの最高値は、2018年1月上旬に1.84ドルを記録しました。その後、2018年初頭のNEM財団での資金不正使用に関するニュースにより、2019年初頭には0.04ドルをわずかに下回るまで価格が下落しました。

しかし、2019年のリーダー交代と経営陣の刷新によるところが大きく、XEMは2020年8月までに0.10ドルを超える価格で取引されていました。2回目のピークは2021年3月上旬に0.77ドル前後で記録されました。現在、XEMは0.16ドル前後で取引されています。

XEM price chart

2015年末のローンチから2021年8月までのXEMの価格チャート(Source: TradingView)

XEMは「安定したコイン」ではありませんが、不換通貨に結びついていない暗号としては、驚くほど低いボラティリティを示しています。伝統的な株式市場の投資家や観察者にとっては、XEMの価格変動は極端に見えるかもしれません。しかし、変動の激しいことで有名な暗号資産の世界の他の通貨と比較すると、XEMはその歴史のほとんどにおいて比較的安定しています。

設定できるレバレッジは最大100倍

NEMの将来性は?

NEMのビジネスに特化したコンセプトと独自のPoIモデルは、大企業がこれらの利点を評価してブロックチェーンに参加すれば、このプラットフォームがより財政的に実行可能で回復力のあるものになると思われます。

NEMは、2018年に財団の経営陣や体制が変更された困難な時期を見事に乗り越えました。この成功は、ユーザーやビジネスパートナーを含むNEMの幅広いコミュニティに認められた、プラットフォームの一般的なビジネスに適した可能性によるところが大きいです。

NEMがそのビジネスフレンドリーなイメージを、業界の重鎮との実際のビッグプロジェクトに変えることができるかどうかは、まだわかりません。NIS1の改良版とされるSymbolブロックチェーンの導入は、NEMグループが大企業をターゲットにする上でさらに役立つ可能性があります。

SymbolとXYMが登場したことで、NEMグループがNIS1とXEMに対してどれだけ献身的に取り組んでいくのかについては、疑問が残ります。NEMによると、両プラットフォームは並行して稼働し続けるとのことです。

NIS1/XEMがいずれSymbol/XYMに完全に移行する可能性もあります。しかし、これは既存のユーザーにとっては気になることではありません。このような移行は、同じコンセプトとプロジェクトに支えられた、より良い/新しいプラットフォームへの移行を意味すると思われます。

XEMは市場に登場してからずっと、比較的安定した価格を維持しており、今後もその状態が続くと予想されます。結局のところ、NEMは真面目でよく設計されたビジネス向けのブロックチェーンコンセプトであり、大衆のヒステリーによる変動の影響を受けやすいミームコインではありません。

XEMの下降の可能性は、その可能性も大きさも比較的限られています。むしろ、銀行や航空会社、不動産管理会社などの業界大手が、このプラットフォーム上でエンタープライズグレードのアプリケーションを開発・展開することの容易さに気づけば、力強い上昇の可能性があります。

結論

NEMには、大企業の関心と資金を引き寄せる確かな可能性があります。このプラットフォームは、独自のPoIコンセプトを誇り、ハーベスティングモデルと相まって、迅速かつ柔軟な方法で運営されています。NIS1ネットワークの本質的にアップグレードされたバージョンとしてSymbolが導入されれば、大企業をさらに惹きつけることができるでしょう。

NEMプロジェクトが今後数年間で成功するかどうかは、NEMグループがプラットフォームの特徴を実際のビジネスパートナーシップに結びつけることができるかどうかにかかっています。

経営上の問題を抱えていたにもかかわらず再建に成功したこと、ベンチャーキャピタルの活動が活発でビジネスに焦点を当てた構造を持っていること、エンタープライズグレードのプラットフォームの改良に焦点を当てていることなどから、NEMプロジェクトは今後も存続し、重要な意味を持つと考えられます。さらに、NEMがエンタープライズの世界で人気を得ることができれば、ブロックチェーンプラットフォームのトップ10への進出も実現するかもしれません。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free

 

giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します