コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > モネロ(Monero):匿名性ネットワーク >

モネロ(Monero):匿名性ネットワーク

2021-03-29 05:44:53

ビットコインの創業後一番はじめに観測された活用例は、違法で規制されていないサービスの掃き溜めであるダークウェブから生まれました。ネット犯罪のための追跡不可能な交換手段としての利用が流行しましたが、ブロックチェーンには個人情報が記録されていないにもかかわらずビットコインは十分に追跡可能な状態にありました。

ブロックチェーン技術が普及するにつれ、ブロックチェーンセキュリティの企業はより高度な暗号通貨の追跡技術を使用しはじめました。ビットコインの普遍的性質とは全ての取引に関わるアドレスがブロックチェーンに永久的に記録されることであり、ミキサーがアナリストの追跡を逃すために使用されることもありますが、トラッカーはかなり改善されてきています。

仮想通貨の世界ではプライバシーは複雑なテーマです。ビットコインは既存の中央集権的な金融システムを打破し、検出されない信頼性の高い取引を可能にすることで、人々に力を取り戻すために作られました。一方で、既存の金融システムでは、市場の異常や犯罪行為がはるかにわかりやすく示されます。

あらゆる規制がブロックチェーンの技術革新に追いついておらず、このギャップが多くの不確実性をもたらし業界の発展を妨げています。しかし、ダークウェブ上でのビットコイン取引の追跡については法律で取り締まることができるようになりました。

Moneroとは?

オープンソースソフトウェアの魅力は誰もが開発に貢献し、バグを修正し、さらにはコードベースを模倣することができることです。2014年にはBytecoinプロジェクトがスタートし、Bitcoinと国際補助語エスペラント語で「コイン」を意味するMoneroの合成語であるBitMoneroが誕生しました。BitMoneroは期待通りの反応を得られなかったものの、このプロジェクトはすぐにコミュニティに引き継がれ現在のMoneroへと発展しました。

monero

CryptoNoteベースのオープンソースのプロトコルは複雑化された公開台帳を使用しており、参加者は誰でも取引のソース、宛先、金額などの詳細な情報を外部に知られることなく取引を行う、もしくはトランザクションを公開することができます。CipherTraceのようなセキュリティ企業がアップデートや最新の実装によってMoneroのプライバシーを有効にする新たな方法を見つけている一方で、XMRはプライバシーコインのトップドッグであり続けていますが、それには正当な理由があります。

匿名性ネットワーク

Moneroの匿名性

2014年に登場したMoneroは、ユーザーのプライバシーというコンセプトで運営されています。一般的に、ブロックチェーンは取引データを公開しますが、Moneroのブロックチェーンは意図的に透明性を低くしています。参加者のアドレスを偽装させることで、ネットワーク上の誰もが、外部から見られることなく取引を行うことができます。

Moneroのマイニングプロセス

匿名性に加えて、Moneroの採掘プロセスは比較的平等なものです。一般的なプロジェクトとは異なり、Moneroの開発者は供給のステーキングを独り占めすることなく、コミュニティメンバーや他のネットワーク参加者からの寄付を頼りにプラットフォームを開発しました。

プライバシー

2020年1月から2021年にかけて、モネロの時価総額は昨年の11.4億ドルから現在の28億ドルへと、約140%も成長しました。Moneroは、リング署名やステルスアドレス、その他のプライバシーに特化した機能を組み合わせて、送信者がトランザクションを送信または受信した正式なアドレスをぼかすことができます。

リング署名はどのグループのメンバーが取引に署名したかは明らかですが、取引に関与した正確なアドレスは不明です。これらの署名は送信者のアドレスとリング内の他の公開鍵を組み合わせて生成されるため、メンバーの中で誰が署名したかを解明することは事実上不可能です。

ステルスアドレスは、受信者に代わってランダムに生成されたワンタイムアドレスを利用することで、さらなるプライバシーを実現します。これにより取引の宛先を隠し、トークンを受け取る人の身元を隠すことができます。

さらにRingCT(Ring Confidential Transactions)では、送受信される金額を隠すことが可能です。この機能は2017年に追加され、Moneroで実行されるすべての取引に必須となりました。仮想通貨が犯罪行為に使われることが少なくなっていく中で、Moneroはその中核であるプライバシーへのこだわりにより、ブロックチェーン空間で競合するプライバシートークンの中でも群を抜いています。

2016年にはMoneroが急速に成長しましたが、これは主にダークネット市場での使用によってもたらされたものであり、様々な取引所が世界的な金融規制を遵守するために彼らのプラットフォームから同トークンを廃止にしました。2019年6月、金融活動作業部会(FATF)は「トラベルルール」を発表し、暗号通貨取引所がそのプラットフォーム上で行われるすべての取引についてKYC情報を提供する必要があることを定めました。

Moneroは基本的に情報を隠すことで成り立っていたため、取引所は同コインの上場廃止を余儀なくされました。しかし、プライバシーを重視した暗号通貨をサポートすることと規制要件を遵守することは相反するものではなく、Bittrexのような取引所は理由を明かさずにトークンの上場を廃止したことさえあります。プライバシーコインのメリットはそのリスクよりも大幅に高く、既存のマネーロンダリング防止の取り組みや規制は、それらのリスクを十分にカバーしています。

長年にわたりMoneroは他の暗号通貨をホールドしている人々が、取引における2つのアドレス間のリンクを解除するために使用されてきました。DashやZcashのような他のプライバシーコインは匿名性が非常に低く、長年にわたって規制要件に屈してきましたが、Moneroは実質的に特定不可能であり、今後数年間で私たちが知らないうちに多く利用されるようになる可能性があります。

匿名性の代償

資産の安全性に対する最も大きな脅威は、どんなにプログラムやコンセンサスを駆使しても防ぐことができません。賢い投資家は自分の保有資産を自慢しませんし、悪質な「$5 Wrench Attack」を防ぐにはむやみに他人に情報を与えないことが重要です。Moneroの保有者はプライバシーを重視しており、ネットワークはほとんどの場合資産を守るのに十分な安全性を備えていますが、保有している情報は自分自身で管理するのがベストです。

Moneroの急速な発展を支えているのはプライバシーですが、同時にいくつかの課題も抱えています。ひとつは、プライバシーと追跡不可能性を追求したことで、ダークネット市場で取引するのに理想的な通貨となり、長期的には国家経済にさえ影響を与える可能性のある無秩序なビジネス形態を促進しています。Bitcoinが実質的に追跡可能になった今、Moneroの存在はダークネット市場の生き残りに拍車を掛けています。特に、この分野における他のプライバシーサービスがどれほど精密さを欠いているかを考えるとなおさらです。

CNBCの報道によると、ハッカーが悪質なソフトウェアを作成してコンピュータに感染させ、Moneroをマイニングして北朝鮮に送り、全世界と戦争している国に資金を提供しているとのことです。懸念される事態ではありますが、Moneroは法の網を容易に回避できるため、政府はXMRを完全に管理できるわけではありません。

I2017年、世界的なランサムウェア「WannaCry」はその後の収益を速やかにモネロに変換しました。同年後半には、WannaCryのコードを流出させたグループも、XMRでの支払いを受け付けはじめました。2018年上半期には、仮想通貨を要求するランサムウェア攻撃の44%にMoneroが使用されました。

Moneroは犯罪者に利用されているという批判をされていますが、実際コミュニティ内には悪意のあるユーザーはほとんどおらず、危機感の強いユーザーが多いです。また、XMRは追跡がほぼ不可能ですが、完全犯罪には必ずしも適しているというわけではありません。

2018年には、5億3,000万ドルを超えるNEMトークンがCoincheck社から盗まれましたが、Bloombergのアナリストは取引所が盗難に関連するNEMアドレスをブロックしているため、攻撃者がMoneroを使って資金を合法化することは困難であると指摘しています。XMRはまた、低所得の被告が保釈金を支払うための資金を調達するためにMoneroを採掘するモバイルアプリ「Bail Bloc」のような、驚くべきシステムの構築にも使われています。

DashZcashのような他のプライバシーコインとは異なり、Moneroはデフォルトでプライバシーを強制します。Moneroはさまざまな補完的技術を駆使して、匿名性とファンジビリティの両方を実現しています。MoneroのRingCTは、ある取引の送信者が複数いる可能性を示すことで取引を追跡できないようにします。

1回限りのステルスアドレスは1つのアドレスに複数の取引が送られたことを証明することを不可能にしています。Dual-Key Stealth Address Protocolは、送信者が受信者に代わって2つの情報を用いてステルスアドレスを生成します。1つはECDH鍵交換(楕円曲線ディーフィー・ヘルマン鍵共有)から得られる共有機密で、もう1つは意図する取引のためにブロックチェーンを積極的にスキャンしている受信者の公開鍵です。

I2018年11月、MoneroはRingCTのレンジプルーフで使用されていたリング署名を置き換えるために、NIZKP(ゼロ知識証明)プロトコルを実装しました。これらの防弾システムは取引のサイズを縮小し、その結果検証が大幅に速くなり、取引手数料が下がりました。

2020年10月、Moneroはネットワークアップグレードを行い、最新のリング署名スキームであるCLSAG(Concise Linkable Ring Signatures and Forgery Against Adversarial Keys)を導入しました。このアップグレードにより、トランザクションサイズがさらに縮小され、ネットワーク速度が向上し、XMRの追跡不可能性が改善されました。アナリストやネットワークセキュリティの専門家が匿名性仮想通貨を追跡する方法を見つけ続ける中、Moneroは彼らのトリックを回避し続けています。

Moneroのプライバシー・パラノイド

Moneroはそのマネーロンダリング能力と、プライバシー対応の仮想通貨が犯罪行為に利用されているという点において、世界中の金融規制当局の注目を集めています。真の非中央集権システム、特にその実態うまく隠しているシステムを止めることは不可能ですが、オーストラリアや韓国などの様々な国の取引所は規制圧力によってXMRを含むプライバシーコインを完全に非上場化しました。

Moneroは実質的に完全な匿名性を提供しています。2020年初頭、欧州警察のアナリストであるJerek Jakubcek氏は、オニオンネットワークを使ってルーティングするとXMRは完全に追跡できないと述べています。他にもプライバシーコインは存在しますが、規制当局が心配しているのはMoneroだけのようです。

セキュリティ会社であるCipherTraceは、2020年8月に世界初のモネロ追跡ツールを設計したと発表しました。彼らはアメリカ合衆国国土安全保障省と共同で開発したとし、このツールがどのように機能するかについて、Moneroコミュニティ内で多くの議論や検討が行われました。

CipherTrace社は、彼らの発明が将来の「エンティティ・トランザクション・クラスタリング」実装の基盤となり、犯罪行為のさらなる調査に役立つ、取引所の属性とウォレットの識別ツールを提供できると主張しています。また、盗まれたMoneroを追跡するための視覚的なツールや、サードパーティのノードを経由した取引に関する情報なども提供可能になるとしています。

Monero Research Labの研究者であるSarang Noether氏はオンラインで行われたこのツールに関する議論の中で、トークンを追跡するという CipherTrace の主張の背後にある数学的根拠に疑問を呈し、提案された測定基準はかなり主観的なものに見えると述べました。その直後、Moneroの開発チームは、CipherTraceのツールを革新する新しいアルゴリズムTriptych(トリプティック)の開発を発表しました。

まとめ

提案されているTriptychアルゴリズムの開発を進行中のMoneroは、ブロックチェーン技術のプライバシーの分野を支配しており、その時価総額はDash、Zcash、DigiByte、Vergeの4つの競争相手の合計を上回っています。多くのプライバシーコインが流行り廃りを繰り返す中、Moneroは独自の大胆なビジョンを掲げて前進し続けています。

Moneroは規制当局や金融機関の監視員を悩ませており、この匿名性と規制の確執は、今後数ヶ月、もしくは数年のうちにさらにエスカレートする可能性があります。このようにプライバシーに焦点を当てたコミュニティと、その目標に献身的に取り組む開発チームがあれば、プライベートペイメントの未来は極めて明るいでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Tip Others, Get Paid Yourself! Win 10,000 PT Daily